記事詳細

28日から共通テスト出願 第1、第2日程を選択

更新
産経新聞

来春入学予定者の主な入試日程 1/1枚  大学入試センター試験の後継として、来年1月に導入される大学入学共通テストの出願受け付けが28日に始まる。受験日は本来の第1日程(1月16、17日)に加えて、新型コロナウイルスを受けた休校措置に伴う学習の遅れに配慮し、高校生は校長の許可を受けた上で第2日程(同30、31日)を選択できる。出願期間は10月8日まで。

<< 下に続く >>

 共通テストでは、第1日程を希望し、新型コロナに感染するなどして受験できなかった生徒も第2日程を受験できる。第2日程を選択し、受験できなかった場合は2月13、14日の特例追試験を受ける。浪人生は第2日程を選択できない。

 今年10月下旬までに出願内容を確認するはがきが受験生に送られ、誤りがあった場合のみ訂正できる。

 また、第2日程の受験会場は各都道府県に1カ所以上置かれ、文部科学省が7月に実施した高校側の意向調査の結果などを検討した上で、運営主体の大学入試センターが12月に最終的な実施会場を公表する。

 前身のセンター試験の志願者数は、過去10年間は55万~58万人程度で推移しており、今年1月に実施された最後のセンター試験は55万7699人だった。

 共通テストは従来の知識偏重型の試験を改め、知識を活用する思考力・判断力・表現力などをより問う出題となる。グローバル社会で活躍できる人材の育成と合わせ、当初は英語民間検定試験や記述式問題の導入が改革の目玉とされていたが、いずれも見送られた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×