記事詳細

「ポチりました」アップルの新製品発表に“信者”興奮 指紋認証や血中酸素濃度計測機能を高く評価

更新

新型iPad Air。アップルの公式サイトより 1/2枚  米IT大手のアップルが15日(日本時間16日午前2時)、オンラインでイベントを開催し、新製品と新サービスを発表した。なかでもタブレット型PCの「iPad Air」と腕時計型端末の「Apple Watch SE」がツイッタートレンドの上位に入り、“信者”とも呼ばれる同社製品ユーザーらの熱い注目を集めている。

<< 下に続く >>

 イベントでは4つの新製品と1つの新サービスが発表された。新製品はiPadの中級機iPad Airと廉価版の“無印”「iPad」の2機種、Apple Watchの上位機種「Apple Watch Series 6」と廉価版のApple Watch SEの2機種、そして新サービスは、同社が提供する音楽配信、動画配信、ゲーム配信、クラウドストレージの4つをセットにしたサブスクリプションプラン「Apple One」だ。発表が期待されていたスマートフォン「iPhone」の新型お披露目はなかったものの、16日午前のトレンド上位には同社関連のワードが複数ランクインした。

 ツイッターで最も注目度が高いのは第4世代モデルとなるiPad Air。「iPad Proが名称変更した感じかな」との指摘がある通り、筐体デザイン、ホームボタンを排除してフルスクリーン化した液晶画面、USB type-C接続など、上位機種の「iPad Pro」の外観上の特徴を継承している。「4月にiPad Air 3(第3世代モデル)を買った身からすると、・(搭載プロセッサーが)A14・フルスクリーン化・USB-C・Apple Pencil2対応 何とも魅力的な製品」「欲しかった機能全部ついてるしまじで考える」など、プロセッサーが最新型に強化されていること、マグネットで本体に貼り付けて充電できる最新のペン型デバイスに対応したことに魅力を感じたユーザーが多い様子。

 iPad Proとの違いとして、顔認証機能を廃止し、電源ボタンによる指紋認証を導入したことが挙げられるが、「おおお顔認証が消えた…」「指紋認証なのか!Proよりいいじゃないか…」「顔認証廃止して電源ボタン指紋認証になったのはかなり良いですね…!」など、この点を高く評価する声が少なくない。「iPhoneにも採用して欲しい」「電源ボタンで指紋認証できるの!? それ実装したiPhone、iPad Proでたら買い直したい」と、今後の発売が予想される他の製品にも採用を望む声があがっており、新型コロナウイルスの感染拡大以降、マスクをしていて顔認証が機能しないことに閉口したユーザーが多いことがうかがえる。

 また、青系や緑系という、今までなかったカラーバリエーションが追加されたこともポイントで「カラバリも多くてワクワクする」「色可愛すぎるな!」と、好意的に受け止められている。

 Apple Watchシリーズでは廉価版のApple Watch SEに注目するユーザーが多い。最大のポイントは、同シリーズで初めて税別価格が3万円を切ったこと。それでいて、基本的な機能、性能は現行の上位機種で4万円以上する「Series 5」に見劣りしないため、「かなりお買い得!!」「コスパすごいね…」「ようやく手軽に買えそうだ」と概ね好評。なかには「早速、Apple Watch SE買ってもうた」「ポチりました」「買っちゃった」と早くも予約を入れたというユーザーも。

 このほか、同シリーズの上位機種でSEと同時に発表されたSeries 6に新しく搭載された、血中酸素濃度を計測する機能についても、「私は病院勤務していたが、時計で血中酸素濃度を測れるというのは驚き!」「コロナ外来に行ったとき、体温と同時に血中酸素濃度測られました。息苦しさが実際に血中酸素濃度に影響してるか確認してたので、コロナ用にもいいかもね」「喘息民だからSpO2測定魅力」「このコロナ時代にサチュレーション測れるっていうのは魅力的」など、高く評価する声が集まっている。

 今回発表された製品のスタート価格と発売予定は、iPad Airが6万2800円からで10月(日付は未定)、“無印”iPadは3万4800円からで今月16日、Apple Watch SEが2万9800円から、同Series 6が4万2800円(いずれも税別)からでいずれも18日からとなっている。サブスクリプションのApple Oneは、月額料金(税込み)が個人版1100円、ファミリー版1850円で「この秋、登場」とのこと。

写真一覧

  • AppleWatchSE。アップルの公式サイトより

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×