記事詳細

紀里谷氏と伊勢谷容疑者を勘違いするネットユーザ続出!? SNS「共通点なんてキャシャーンと『谷』しかない」「僕も混同してました…」

更新

紀里谷和明氏 1/1枚  映像作家の紀里谷和明氏が9日、自身のツイッターを更新し、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者と、自身を混同しているツイートが多数あることに対し、場合によっては厳重に対処するなどと訴えている。

<< 下に続く >>

 紀里谷氏はツイッターで「伊勢谷友介君の逮捕に伴い、彼の名前と僕の名前を混同している人達が大勢ツイートしていて大変迷惑しています」と切り出し、「その多くが誤解であったと気付いたツイートですが、それすら気づかず、そのままの認識の人達が世の中にいると思うとゾッとします」と投稿。そのうえで「実害が発生する可能性もあり、厳重に対処していきます」とつづった。

 紀里谷氏はその後もツイートを続け、「情報をきちんと確認しないままの発信は一般人であろうと勘違いではすまされません。この件も含め、既に弁護士チームを発動させています」と投稿。そして「数日中に削除されない場合は、IPアドレス開示の仮処分手続きに入り、手順を踏んで損害賠償請求までやります」と宣言した。

 また、紀里谷氏が迷惑を受けていることに対し、歌手のGACKTもツイッターで怒りをあらわにした。

 GACKTは9日、「いま、コロナで俳優もミュージシャンやダンサーたちもが仕事を失い苦しみに耐えてる。伊勢谷はそんな若い俳優たちの手本になり先導してやらなきゃならない立ち位置の成熟した俳優なのに何やってんだ!ったく。これは個人的な想い」と投稿。その後もツイートを重ね、「そしてボクの親友でもあり映画監督の紀里谷が名前が似てるというだけで勘違いされ、紀里谷が捕まったなどと勘違いしてツイートし拡散してる馬鹿が出る始末。こういうのを本末転倒と言うんだろう」と呆れた。最後に「伊勢谷にも腹が立つが勘違いして間違った情報を流す奴にももっと腹が立つ。キリヤも本当に迷惑被ってるからこういう間違った情報の拡散とかやめてくれ」と訴えた。

 これらのツイートがネット上で話題となり、10日、「紀里谷和明」がヤフーのトレンドランキングで上位に食い込む事態に発展。紀里谷氏が監督を務めた映画「CASSHERN」(2004年)の主演が伊勢谷容疑者だったことが混同された理由の1つと考えられ、SNSには「紀里谷和明氏、気の毒すぎる。捕まったのはキャシャーン役の人で、キャシャーンの監督じゃないよ!!!」「伊勢谷友介さんと紀里谷和明さんの共通点なんてキャシャーンと『谷』しかないだろ。間違えんなよ!」といったツッコミが相次いだ。

 また、紀里谷氏を気の毒に思うコメントも多く、ツイッターには「紀里谷和明 伊勢谷友介 『谷』しかあってないじゃん。紀里谷さんかわいそすぎるわ…」「キャシャーン繋がりか。いい迷惑だな」といったものも。一方で「ツイートはしてないけど、僕も混同してました」「私も、紀里谷和明さんと勘違いしました。でもそれを吹聴はしてませんが…」などと告白するネットユーザーも少なくなく、今回の逮捕は、さまざまなところで影響を与えているようだ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む