記事詳細

「あさイチ」での検証に異論噴出 台風対策のガラス飛散防止にはOPPテープ最強?

更新

台風に備え、ガラスにテープを貼って事前に対策をとっていた店舗(彦野公太朗撮影)(本文とは関係ありません) 1/1枚  NHKの朝の情報番組「あさイチ」8日放送分で、「クイズとくもり あなたの知らない“粘着テープ”の実力」と題した特集を組み、台風襲来に備えたガラス飛散防止対策や、きれいに剥がす技のほか、便利な活用法などを紹介した。この特集の中で飛散防止効果をテープの種類別に比較検証し、プラスチック製のOPPテープが最も効果が高いと結論づけたことに、視聴者が反応。SNSで「剥がすとき絶対やばいやつじゃん」などの異論が噴出する事態になった。

<< 下に続く >>

 番組では紙製のクラフトテープ、布製の粘着テープ、引っ越し作業などでに使われる養生テープ、そしてプラスチック製のOPPテープ(ポリプロピレン材に粘着剤を塗布したテープ)の4種類の粘着テープを貼った窓ガラスに、ピッチングマシンでのボールをぶつける実験を行い、テープの素材や粘着力の強度から、OPPテープが最もガラス飛散防止効果が高いという結果に。

 合わせて、雨戸やシャッターが使える場合は、テープでの飛散防止対策は不要であること、テープを貼ったうえで、閉めたカーテンをクリップで留めたり、ガラスの室内側を覆うように段ボールを貼り付けたりすれば、より高い効果が期待できることなども紹介された。

 実験では、OPPテープ以外の粘着テープでも何も貼らないよりは格段に飛散防止効果が上がると説明されていたが、実験結果を“OPPテープ最強説”として番組が勧めていると受け取った視聴者が多かったようで、SNSには異論や苦言が噴出した。

 ツイッターには「そりゃもちろん飛ばされにくくなるけど、いざ剥がす時に痛い目見るし、粘着面100%残るし、気軽にはおすすめ出来ないけどな…」など、OPPテープの効果は認めつつも、撤去時の剥がしにくさを指摘する声が多数寄せられた。

 実際に使った経験があると思われるユーザーからは、「職業柄言わせてもらうわ。OPPテープは普通のセロファンテープをガムテープみたいに太く更に粘着を強力にしたもの。 確かに窓に貼れば飛散防止にはなるが、剥がす際は跡が100パーセント残る。これは賃貸とかだと大ダメージ」「OPPテープを使ったことがある人なら窓ガラスに貼ろうとは思わない」「あんなテープをガラスに貼ったら、 剥がすのにガラス割れるんじゃね?ってくらい剥がれない」「めっちゃ剥がしにくいから気をつけてください…換気しながらシール剥がし液を使って剥がすことになります」など実体験に基づいたコメントも見受けられた。

 また、「剥がしやすい養生テープのがよさそう」「剥がす時泣きを見るんだから雨戸がない&飛散防止シートもない素人は黙って養生テープを貼っときなさい」「OPPテープをはがしやすいアイテムもあるみたいですけど、そういう問題じゃないんですよねー… そこまでして使うかどうか。 やはり気軽なのは養生テープ+ダンボールでしょうか」など、養生テープのほうが無難だとの意見も少なくない。

 このほか、「昨年の台風の際に養生テープがなくなり、OPPテープも大量には売れたけどその後テープ剥がし剤を買いに来る人がたくさんいたり、問い合わせがすごい多かった」「飛散防止に使うっていうのなら剥がし液も買っとかないと剥がすとき窓ペタペタになりますよ 広範囲に使うわけだし覚悟が必要 それなら飛散防止フィルムを!」と、使う場合は剥離剤とセットで入手することを勧める投稿も見られた。

 番組では飛散防止効果検証の後、剥がし跡の掃除の仕方についてもプロのハウスクリーニング業者が解説していたが、クラフトテープや布粘着テープについてのもので、OPPテープについては特に言及されていなかったことも、苦言が相次ぐ一因になったようだ。

 番組に対する批判的な声が相次ぐなか、「OPPテープ トレンドに出てきたw いかにもツイッターって感じの 『ほっといてやれよ』と言いたくなるようなクレームの嵐でw 企画したスタッフも『まさかそういう反応になるとは』と思ってそうだわ 明日あたり番組で謝罪したりして するときっと 『謝罪まですることない』 でもうひと盛り上がりする」と冷静に受け止めるユーザーもいた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む