記事詳細

すき家「お好み牛玉丼 広島Mix」に反響 「炭水化物祭り」と圧倒されるネット民 お好み焼き論争への危惧も

更新

炭水化物オン炭水化物のインパクトあるビジュアル。プレスリリースから 1/1枚  牛丼チェーン大手のすき家が、9日より人気商品「お好み牛玉丼」と、焼きそばを合わせ、広島のお好み焼き風にアレンジした新商品「お好み牛玉丼 広島Mix」の販売を開始すると発表。ネットでさまざまな反響を呼んでいる。

<< 下に続く >>

 お好み牛玉丼は、ダイスカットしたキャベツに、広島名物オタフクソースの「お好みソース」とすき家特製からしマヨネーズをかけたお好み焼き風牛丼。お好み牛玉丼 広島Mixは、お好み牛玉丼に焼きそばを合わせ、広島のお好み焼きの味を再現したという。さらに、キムチの酸味がお好みソースの味を引き締め、仕上げのフライドオニオンが食感のアクセントになるとアピールしている。

 お好み牛玉丼は2013年に初めて販売された後、17年からは毎年期間限定で販売されている定番商品とあって、固定ファンも少なくないようで、「キターーーーーーー!! これ大好きなんですよ」「今年もお好み牛玉あるのうれしい」「すき家で一番好きなメニュー!! めっちゃ美味しいんだよね 絶対食べる!!」など歓迎する声がある一方、「これ味濃すぎて不味いんよな」「せめてからしマヨやめてほしい…」との否定的なコメントも見受けられた。

 白飯の上に焼きそばが鎮座するお好み牛玉丼 広島Mixのビジュアルは、8月5日に発売され、「食後の臭いが凄そう」と話題になった「牛丼トリプルニンニクMIX」にも負けないインパクトがあったようで、「これ、うまそう」「めっちゃ美味しそう こういう屋台の味っぽいもの好き」「絶対美味しいなぁ」と食欲をそそられる人や、「炭水化物×炭水化物の暴力」「炭水化物祭りw w w」「炭水化物×炭水化物、最強」と圧倒される人が続出。「もんじゃ焼きも乗せましょう」とのバリエーション提案や、「もうなんでもアリかw」「これは酷いw」と半ば呆れたようなつぶやきもあった。

 しかし、今回最も目立ったのは、広島Mixのコンセプトやレシピ、ネーミングに対しての広島県民や広島県出身者と思われるユーザーからの疑問や苦言の数々。広島で食べられているお好み焼きの定義に関しては、メディアやSNSでも度々話題になるが、今回も「牛丼の上にモダン焼きが乗っているように見えるが」「それはモダンじゃ! 広島付けるな」と、大阪で食べられているそば入りのお好み焼き「モダン焼き」だとの指摘をはじめ、「『広島のお好み焼き』」という名前をつける時は、少し繊細になってほしい~ 県民にはデリケートな話題だし 関西風お好み焼き+焼きそば=広島のお好み焼きでは全くないし、そもそもマヨネーズかけないし… (中略)キムチとフライドオニオンも全く定番トッピングじゃない」「キムチと焼きそばとフライドオニオンを乗せると広島Mix! そうはならんやろ…」「ソースがオタフクじゃけぇー大目に見るけど、広島風お好み焼きに関して、うるさくなってまうよ私は(笑)」などのダメ出しがズラリと並んでいる。

 なかには「戦争の火種…かな?」「これ戦争おきない?」と、これを契機に論争が巻き起こるのではないかとの危惧も散見された。

 広島Mixは全国で販売されるため、すき家が広島県内に展開する36店舗でも扱われる。発売後の広島県民や広島県出身者の反応が注目される。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む