記事詳細

“大阪880万人訓練”20分前に福井で震度5の地震が…ネットユーザーに緊張「マジびびる」「どこに逃げる?ってめっちゃ慌てたわ」

更新

大阪市からのエリアメール=4日午前 1/2枚  午前9時半に巨大地震が発生し、直後に気象庁が大津波警報を発表した-。大阪府で4日、こんな想定で大規模な一斉訓練が実施され、ツイッターで「大阪880万人訓練」がトレンド入り。 訓練の約20分前には福井県で震度5弱を観測する地震があっただけに、「直前に福井県で地震あったからマジびびる」「訓練とホンモノの緊急速報が同日のほぼ同じ時間に鳴るとか焦るよね」と驚いた人が相次いだ。

<< 下に続く >>

 訓練は南海トラフ巨大地震の発生を想定したもので、大阪府内全域が対象。府民らに身を守る行動を呼びかけるため、携帯電話やスマートフォンに災害発生情報などを知らせる緊急速報メールが送信された。直後からツイッターには「警報メール、ビックリしましたね」「もう!!地震と思った...びっくりしたわわわ...」「すっかり忘れていたけど、今日はこれの日だったのだね」「これだったのか…焦ったァ」といった報告が殺到した。

 一方で、「母のスマホがアラーム鳴らず 訓練によってアプリを確認しなおしたりできるから良かった」「緊急速報メールだいたいこないのよね、私の携帯...」「私のスマホ全く反応無し?」など、緊急速報メールが受信できなかったという報告も目立った。

 訓練が行われた約20分前の午前9時10分ごろには、実際に福井県嶺北で震度5弱を観測する地震があったため、「福井の地震速報を見た直後、電車に乗り込むのと同時に乗客の携帯が一斉に鳴り出した。そのタイミングに!!ギョッってなった」など、福井県の地震の緊急速報と大阪の訓練の“ダブル速報”に緊張が走ったという人も少なくなかった。震度5弱のニュースを見つつ、スーパーマーケットに買い物に向かっていたという人は、「地下道を通り抜けイオン手前で、大阪880万人訓練で緊急メールくるから大阪にも地震来たと思って、一瞬どこに逃げる?イオン?地下鉄の方??ってめっちゃ慌てたわ」とそのときの様子を振り返った。

 大阪府の吉村洋文知事も泉大津市の住友ゴム工業の体育館で訓練に参加。大々的な訓練となったが、中には「(携帯電話の)電波OFFにしてしまってたから来なかった……毎年こうや」という人や、「寝てるところ起こすなふざけるな」「まぢでいらん。迷惑でしかない」と訓練に否定的なツイートも。だが、「あの警報音が鳴らない事が有難いけど訓練しておかないと」「台風10号も近づいていますし避難経路やハザードMAPの再確認、万が一に備えておこうと思います」など訓練の重要性を説くツイートも多かった。

 スマートフォンの「防災アプリ」になじんでおくなど、日ごろからいざというときを想定した備えが大切。地震災害は全国のどこでも起きる恐れがあることから、大阪府以外に住んでいるネットユーザーの間でも"大阪880万人訓練"は話題となり、「東京も東京の隣接県も気を引き締めて!訓練やりましょ」と呼びかけるツイートもあった。

写真一覧

  • 訓練通報を合図に机の下に避難する吉村洋文知事=4日午前9時31分、大阪府泉大津市(鳥越瑞絵撮影)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む