記事詳細

旧ソ連開発の神経剤“ノビチョク”がトレンド入り 意識不明のロシア反体制派指導者が中毒に…ネット民「殺意に比して名前がかわいすぎる」

更新

ドイツのメルケル首相 1/1枚  ツイッターのトレンドに3日、「ノビチョク」という言葉が入り、SNSでは「ノビチョクってなんだ」「ノビチョクってなんか可愛い」といった反応も。しかし、意識不明となってドイツの病院に入院中のロシアの反体制派指導者、ナワリヌイ氏に使われたとみられ、旧ソ連開発の毒物の名と知って震撼(しんかん)した人も多く、「なんだっけノビチョクって、、と思って検索かけて怖すぎて震えています 怖~」「おそロシア」といった声が相次いだ。

<< 下に続く >>

 ロイター通信の報道などによると、ドイツ政府のザイベルト報道官は2日、ナワリヌイ氏の血液検査を行った結果、旧ソ連が開発した神経剤「ノビチョク」系の毒物で中毒になった「明確な証拠」が得られたと発表。ナワリヌイ氏は8月20日、搭乗中の旅客機内で倒れ、ロシア国内の病院に搬送。22日に家族の要望でドイツの病院に移送されていた。

 このニュースに、ツイッターでは「ロシアの病院じゃ毒は検出されず、ドイツの病院では毒が検出、それもロシア産の毒 ロシアこええなあ」「さすが医学のドイツ『ノビチョク』解明した...しかしながらロシアは否定批判するだろな...」と話題に。ロシアの病院は「毒物の痕跡はなかった」と発表し、ロシアのプーチン政権も関与を否定しているが、一方でナワリヌイ氏周辺は政権側が毒殺を図った可能性があると主張しており、「ナワリヌイさんからノビチョク関連の反応あったってこれほぼ黒やんけまじかよ」「政府が絡んでたらロシアやばい」といったツイートが続出した。

 9月3日はドラえもんの誕生日。ツイッターでは「ドラえもん」もトレンド入りしており、「ノビチョクとさ、ドラえもんとさ…同時にトレンド入りしてるとさ 野比(のび太)君なんか落ち着かんのじゃないの?」「ノビチョク殺意に比して名前がかわいすぎると思う。ノビいうたらのび太でしょ」といった投稿もみられた。

 ノビチョクは英南部ソールズベリーで2018年、露軍参謀本部情報総局(GRU)のスクリパリ元大佐らが襲撃された事件で使用された。英捜査当局はロシア人の男2人の逮捕状を取ったが、2人は事前にロシアに出国していたとされる。こうした経緯から、「でもノビチョク使うってことはロシア政府関与してますよって宣言するようなものなんだけど、見せしめかな?国際社会からの非難分かってるだろうに」と独自の考察を加える人もいた。

 目立ったのが、「ノビチョクの意味が新参者で震えてる」「ノビチョクとはロシア語で新参者を意味する。のび太やYRPとは無関係とのこと」などとロシア語の意味を紹介したツイート。YRPとはICT技術の研究開発拠点「横須賀リサーチパーク」のことで、最寄り駅は京浜急行電鉄のYRP野比(のび)駅。「神経剤…YRP野比に直接送り込む……」など、ノビチョクの語感から発想を飛ばした人も見受けられた。

 ドイツのメルケル首相は「最大限に非難する」と述べ、ロシア政府に説明を要求すると表明。今回の事件について詳細はまだ明らかになっていないが、「でもこれマジでノビチョクならおそロシアとか言ってる場合じゃないんだが?」「以下恐ロシア禁止」「ノビチョク使うとかロシアやべぇな」と恐怖心を覚えるネットユーザーが少なくなかった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む