記事詳細

まさにシンデレラストーリー!フォロワー40人→6万人の「やすもと醤油」ツイッターが「癒される」「好感持てる」

更新

やすもと醤油【燻製調味料】ツイッターより 1/1枚  「やすもと醤油【燻製調味料】」というツイッターアカウントが急激にフォロワー数を伸ばしている。1885年に創業し、島根県で醤油屋を営んできた安本産業によるアカウントだが、26日に「(一応)企業アカウントなので成果がないとtwitterを辞めさせられてしまう厳しい世界です」などとつぶやいたことをきっかけに一気に注目を集めた。「上司と同僚が『フォロワーが40人もいて、いいねもたくさんついててメッチャバズってるじゃん!』と言っていました」とあるように、このツイートを投稿した時点でのフォロワー数は40人ほど。それが瞬く間に拡散され、28日午後1時の時点ではフォロワー数が6万人を突破した。

<< 下に続く >>

 アカウントの開設は今年6月。7月3日には「何を呟いたらいいかわからなくなっている、twitter初心者です」と投稿し、その後も自社製品のPRなどを発信してきた。8月20日にはフォロワーが10人を突破したとうれしそうに伝えていたが、冒頭の26日のツイートをきっかけに人気アカウントとなった。

 27日には「フォロワーを確認させて頂いたら、1.6万人になってました こんなことが起こるとは夢にも思っていなかったです」と報告し、感激しきり。そして28日には「フォロワーが5万人を超えておりました」といい「オンラインでのご注文もたくさん頂いております、有難う御座います」と感謝した。

 思わぬ大反響に同社はうれしい悲鳴を上げているようで、ツイートしている“中の人”も「今日はtwitterに専念出来ると思っていたのですが、ご注文を多く頂いているので製造の業務が忙しくなっているので一旦そちらに戻ります」と大忙しの様子。公式オンラインショップもほとんどの商品が欠品になっているという。

 SNSでの拡散をきっかけに、ネットの話題となり、多くの人が関心を向けている一連の流れ。ネットユーザーたちはこの事態を温かく見守っており、ツイッターには「やすもと醤油さんまさにSNSドリームだ」「なんかどれも癒されるなぁやすもと醤油さんのツイート」「この会社の雰囲気、中の人の応援したくなります!そして、醤油ドレッシングが美味しそうです!」などの声が相次いでいる。

 ツイッター初心者だという“中の人”の一生懸命さや真摯にフォロワーたちに向き合うとする姿も心をつかみ「やすもと醤油さんの中の人癒される かわいいなぁ。謙虚さが出てる…」「やすもと醤油の中の人めちゃくちゃ好感持てるわ、、、」といった声が多数。同社のツイートから垣間見える社風から「この会社の方みんないい人。就職したい」とつぶやく人もいた。

 この流れをシンデレラストーリーと表現する人もおり「これぞ現代のシンデレラストーリー。中の人も、やすもと醤油さんの社長さん達も飾らない実直な感じが良いんだろうな」「やすもと醤油さんのシンデレラストーリー微笑ましいな くんせいナッツドレッシングすごく美味しそう」といった書き込みも。「やすもと醤油さんがパニックになってるの、webの可能性を感じるよね」とSNSの持つ力を感じさせたが、「やすもと醤油さんが大フィーバーしてるのは、商品の良さ、中の人の性格、社風、老舗、なにより日本の料理に欠かせない醤油だからであって。後に続こうと広報担当に無理難題をいう会社では絶対にたどり着けないという事実は広く知らしめるべき」と簡単に真似できるものではないと強調する投稿も見られた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む