記事詳細

ホンダの量産型EV デザインへの評価真っ二つ「コンセプトそのまんまでヤバい」「おじさんが適当に作ったような…」

更新

ホンダが10月に国内発売するEV「Honda e」=栃木県高根沢町(今村義丈撮影) 1/2枚  ホンダは27日、同社では国内初となる量産電気自動車(EV)「Honda e(ホンダ イー)」を10月30日に国内発売すると発表。ツイッターにはネットユーザーからさまざまな反響が寄せられている。

<< 下に続く >>

 Honda eは未来的デザインのコンパクトな車体で、小回りが必要な街乗りに最適化させ、自動駐車や音声対話システムなどの最先端技術を詰め込んだのが特徴。フル充電での航続距離は約300キロと短めで、実質的な価格は補助金を受けようやく400万円を切る高価格だが、ホンダは「ガソリン車を単にEV化するのではなく、新たな生活を創造する『2030年のEV』を形にした」としており、EVの新市場を開きたい考えだ。サイズは同社の小型車「フィット」とほぼ同じで4人乗り。451万円と495万円の2モデルで、国や自治体から計数十万円の補助金が見込める。

 ツイッターではネット民のさまざまな反応が見られる。値段については「すごい値段ね」「かなり高いなあ」「たっかwwwwwwwwwwww 全然足車とかのレベルじゃねぇ」「まだまだ価格が高いよね。庶民には手が出しづらい」など、高価との受け止めばかりが並ぶ。ハイブリッド車は普及が進み、車種も充実、量産効果もあって新車でも本体価格が180万円台まで下がっている。これと比べてしまうと、先進機能が充実したEVだとしても、実質400万円は納得できないという人が圧倒的に多い印象だ。

 デザインについては、賛否が真っ二つに分かれた。

 否定派は、「先端って感じのデザインじゃない」「もう少しデザインなんとかならんかったのか」「デザインが死んどる」「日本のこうした乗り物の技術的な部分や実用性には敬服するけどもう少しデザインも考えて欲しい。何でおじさんがとりあえず適当に作ったようなデザインなんだろう…」などの意見が目立つ。2017年の東京モーターショーでお披露目された時のコンセプトモデルのデザインをほぼそのまま踏襲した思い切ったシンプルさが、中途半端で熟成が足りないと感じられたようだ。

 逆に肯定派はそこがツボにハマったようで、「なんでデザイン叩かれてんだ…? 個人的には近年希にみる傑作だと思う」「コンセプトそのまんまで出るのヤバいな」「昭和初期の雰囲気を醸し出す」「モチーフとなった初代シビックのオレンジやなんともいえないブラウンが車体色にあったらなー」など、元々のデザインコンセプト支持者が多い。

 特に丸いヘッドランプを採用したフロントフェースが人気で、「顔つき好き」「ちょっとほしいフェイス」などの声が散見されるほか、「可愛い…日本車嫌いだけどこの丸さはニュービートルやミニクーパーに通ずるものがある気がする…ほしい…」「MINIとかFIAT500とか乗ってた人結構これに流れるんちゃうやろか」「すごくかわいい…! ずっと車買うならMINIがいいなと思ってたんですけど、コレ、好みすぎます」など、丸みを帯びた独特のデザインで長い人気を誇る輸入小型車の名が、比較対象として頻出していた。

 商品全体のコンセプトに関しては「車体価格に対して連続航行距離が短すぎる」「EVもてはやされるけど田舎や雪国では地雷 想定外の事態に弱すぎると思う」「280kmしか走らないし2WDのベースグレードでこの値段なの 内外装の質感は良いとはいえ、マジで誰が買うんやろうか...」「都市部向けEVってコンセプトで売れるのか心配 だってまず都内の人とかって車買わないでしょ 航続距離のおかげで地方でも売れにくそうだし」など、厳しい評価が大勢を占めた。ただホンダも、ターゲットは2台保有での“セカンドカー”で「客層は限定的になる」と認めており、こうした評価は想定の範囲内なのかもしれない。

 このほか、自動駐車や音声対話システムについて「まるでナイト2000だな」「もはやナイトライダー 益々人間は頭を使わなくなって 色んな感覚が失われていくんやろな」と、人工知能を搭載した車「ナイト2000」が活躍する海外ドラマ「ナイトライダー」を引き合いに出した投稿や、公称燃費がリッターあたり105キロを誇る同社の原付バイク、スーパーカブの方がEVより「エコなんだけどな」とのコメントも見受けられた。

 10月の発売まではまだ間があるが、実は同社のカーシェアサービス「EveryGo」にHonda eがすでに配車されており、基本料金15分200円から利用できる。早くもこれに気づいたユーザーからは「カーシェアで乗れるらしいので今度乗りに行こ」「発売の二ヶ月前にカーシェアに配車するの、現代だなあ。ディーラーで試乗対応するよりコストも低いどころか金払ってくれるし、無人だし」などの声もあがっていた。

写真一覧

  • ホンダのEV「Honda e」の前席。助手席までつながった大型モニターはタッチ式。木目調インテリアで高級感を出している。脇の小型モニターの画像はサイドミラー代わりにカメラで捉えた外の景色で、雨でもクリアに見えるという=栃木県高根沢町(今村義丈撮影)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む