記事詳細

「もうこんな季節」マック「月見ファミリー」発売を予告 月見バーガー巨峰?シュールな勘違いも

更新

マクドナルド公式ツイッターから 1/1枚  ファストフード大手の日本マクドナルドが26日、秋の定番メニューである「月見バーガー」を9月2日から期間限定で発売すると、公式ツイッターで発表した。固定ファンの多い商品だけに、ネットには早くもユーザーから喜びの声があがっている。

<< 下に続く >>

 月見バーガーは、マクドナルドが日本限定で展開する秋限定メニュー。バンズにビーフパティ、ベーコンと目玉焼きを挟んだハンバーガーで、例年、十五夜の時期を狙って9月上旬から販売が始まる。同社公式サイトに掲示された今年のビジュアルには「月見ファミリー」とうたわれており、月見バーガー(340円)をはじめとして、そのバリエーションである濃厚ふわとろ月見(390円)とチーズ月見(370円)、朝食メニューの月見マフィン(330円)、サイドメニューのシャカシャカポテト海老の天ぷら味(180~360円)、スイーツの月見パイ(150円)とマックフルーリー月見(320円)、そしてドリンクのマックフィズ巨峰(250円)とマックフロート巨峰(310円、いずれも税込み価格)と実に9種類のメニューが並んでいる。

 全国チェーンの定番季節商品らしく、ツイッターには「いよいよそんな季節かぁ」「やばいもうこんな季節か!」「月見バーガーで秋を感じる体になってしまった…(グラコロは冬)」「デブ活の季節が来てしまった」など、風物詩と化した月見バーガーの人気ぶりを感じさせるツイートがズラリ。

 また、「一番味のバランスが良くて食べやすいバーガーだと思ってる」「これだけは逃せない」「出たな!野菜一切なしバーガー!」など、消費者の好みが移ろいやすいなかで、長く定番の座を保ち続けている魅力の一端をうかがわせるつぶやきも。

 昨秋の「月見」関連商品も8種類と多かったが、今年はさらに1点増えたことに「月見ファミリーって!」との驚きや、「いや一気に始めすぎ辛」など、フォローしきれないとの嘆きも見られた。

 主役の月見バーガーだけでなく、サイドメニューやスイーツの関連商品が気になるユーザーも少なくないようで、アイスクリーム商品として今年初めて月見シリーズに投入されたマックフルーリー月見は、「気になる」「黒蜜とわらびもちで期待できる!」と発売を前に多くの注目を集めている。

 月見パイは昨年も発売されたが、大好評だったようで、「去年月見パイ食べれんくて悔しかったけ絶対食べる!」「早々に完売で食べれなかったから今年こそ!」「食べたいって言ってるうちに終わった」など、“リベンジ”を誓う人がちらほら。

 昨年のシャカシャカポテト松茸香るだしに代わって投入されたシャカシャカポテト海老の天ぷら味については、「海老天がなぜ月見と関係あるのかが謎」とのツッコミもあった。たしかに、月見と巨峰は秋に関わりがあり、昨年の松茸も秋の味覚だが、海老の天ぷらは…?

 このほか、「真ん中に『巨峰』の文字があったので、とうとう『月見バーガー巨峰』なるものが発売されたのかと一瞬腰が浮きましたw」とのシュールな勘違い、「上弦の月の日*8月26日*に発表し、満月の日*9月2日*にスタートされるなんて…素敵すぎます」と日程を深読みした指摘や、「やばい!まだヨーグルト飲んでないのに! 終わってしまう」と、現在発売中の期間限定メニュー、マックシェイクヨーグル“ド”終売への危機感をあおられたユーザーも見受けられた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む