記事詳細

なぜか“豚約670頭”がトレンドワードに…豚盗難事件に大きな反響 ネット民「豚さんが可哀想すぎる」「どう換金するつもりで盗んだ?」

更新

豚たちの行方は・・・ 1/1枚  豚約670頭-。こんなワードが25日、ツイッターでトレンド入りした。群馬県内の前橋市や太田市、伊勢崎市の養豚場などで7月以降、飼育されていた豚約670頭が盗まれていたと報じられたため。「豚約670頭って凄い…どうやって盗むんかな…」「盗んでどうすんの、そのあと...」「え、そんなにどこに隠せるの?」と多くのネットユーザーが疑問を抱いたようだ。ツイッターには「これは酷い」「豚さんが可哀想すぎるだろ返してやれよ」といった感想が並んだ。

<< 下に続く >>

 報道によると、豚の盗難被害は、7月上旬から8月にかけて7件が確認されており、主に子豚が狙われたという。「ユニット型」と呼ばれる簡易型の豚舎から、人がいない夜間に盗まれたケースが多いようだ。群馬県警が窃盗容疑で捜査している。今のところ犯人の行方は杳(よう)として知れないためか、「えぇ……畜産をこれだけ盗むって完全にプロ組織でしょ」「盗賊団が存在しています」と複数犯であると“推理”するコメントも相次いだ。

 気になるのは、盗まれた子豚たちの行方だが、「どうやって運搬してどうやって捌(さば)くんやろな」「どう換金するつもりで盗んでるんだ?」と犯人の換金方法に注目したり、「市場に流せるとは思えないし、自分で育てるの?」「一体どうやって盗んだのかも謎だし流通させるにも量が多すぎるしどうなってんの」と盗品の流通ルートに思いをめぐらしたりするツイートも目立った。

 群馬県に隣接する栃木県の足利市では6~8月、牧場で子牛が盗まれる被害が3件相次いだとの報道もあるため、「足利市で牛も盗まれてるけど同じ犯人かな?」と“連続犯”を疑う投稿も散見された。「家畜にもGPSを付けた方がいいかもしれませんね。全頭は無理だとしても何匹かに付いていれば予防にもなると思いますし」と、盗難防止にGPS(衛星利用測位システム)の装着を提案する意見もみられた。

 一方、多くの豚が一気に被害に遭っていることから、「もうリアル101匹ワンチャン状態じゃん…どうやったんだろう?」とディズニーアニメの名作を思い出したり、「犯人は豚を盗んで逃げる、これをトンズラと言う」「とん でもない事でございます…」とダジャレをつぶやいたりする人も。ただ、被害に遭った畜産農家の心情を察し、「畜産家さんの為(ため)にも早く捕まえてやってください」と願うツイートも少なくなかった。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、群馬県と栃木県で相次いで発生した家畜の窃盗事件はSNSで大きな反響を呼んだ。「これ…コロナなんかよりずっと怖くないですか?」と戦慄(せんりつ)を覚えたユーザーもいたほど。畜産農家が手塩にかけて育てている豚や牛を、闇夜にまぎれて盗んでいく。こんな大胆かつ卑劣な犯行態様から「世知辛い世の中になってきた」と感じた人が多かったようだ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む