記事詳細

コロナ収束後に訪れたい国…日本がトップ 「これは、久々に明るいニュース」「さすが日本!!」ネット民歓喜も「有難いけどこわい」との声も

更新

日本を訪問したい理由(日本政策投資銀行と公益財団法人日本交通公社の調査より) 1/2枚  アジアや欧米豪12カ国・地域の人たちを対象にした調査で、新型コロナウイルスの感染収束後に訪問したい国と地域は日本がトップの1位だったことが明らかになり、ネット上では「これは、久々に明るいニュース」「誇らしい。頑張れ!日本!!」「嬉しいですよね~」と素直に喜ぶ声が目立った。しかし、幅広い国・地域からの観光客誘致には感染のリスクが伴うためか、「有難(ありがた)いけどこわい」と不安感を抱く人も。中には、ダイレクトに「来ないで欲しい」と拒否感を示す人もいた。

<< 下に続く >>

 調査は、日本政策投資銀行と公益財団法人の日本交通公社がアジア8、欧米豪4の国・地域の海外旅行経験者6266人を対象に、インターネットで6月2~12日に実施。新型コロナ収束後に行きたい国・地域(複数回答)を尋ねたところ、日本は46%と2位の韓国(22%)の2倍以上の人気に。10カ国・地域の回答者のトップは日本だったとしている。

 新型コロナの広がりで息苦しい状況が続くなか、この調査結果には「いいね!」「さすが日本!!」「これが『世界から見た』日本なのだよ」「素直に喜びたいですね。見る人は見ています」などと歓迎するツイートが続出。多くの人が閉塞感を打ち破るニュースととらえ、「良いでねかいいでねぇかヨイヨイヨイ!…だの・・・チト興奮致し申したw…やっぱし1位は気分が良い」と、嬉しさのあまり興奮気味にコメントする人までいた。

 日本を訪問したい理由(複数回数)は、1位の「行きたい観光地や観光施設があるから」(47%)、2位の「食事が美味しいから」(43%)などに続き、「清潔だから」が4位の36%で、特に欧米豪は清潔さを評価する割合が高かった。これには「衛生面の評価高いのは嬉しい」と喜ぶ声や、「新型コロナ、収束したら、日本に外国人、どっと集まりそうですよね」「これはチャンス!強みを生かして、V字回復だ!」と、コロナ禍で消失したインバウンド(訪日外国人客)需要の回復を期待する声が少なくなかった。

 これに対し、「有難いけどこわい」と吐露する人も。インバウンドの回復で感染が再び広がるのではないかとの危惧からか、「いや、来るなよ!!!!収束しましたって、嘘ついて来る輩が、いるに違いないだろ??!!もう、ウイルスを輸入したくないしな!!」「いえ…もうたくさんです…来ないで欲しいし、わざわざ呼ばないで下さい…」「いや、来ないで良いよ?」と露骨に拒否感を示す人もいた。

 一方、インバウンド需要の消失で、運輸、観光業や外食産業が大きな打撃を受けるなど日本経済の現状は厳しいが、今回の調査結果は好材料と受け止めた人が多かったようだ。ツイッターには「せっかく旅行に来たのに何もなくなってた なんてことがないように、経済対策してほしい」「これが本当に清潔でなければ、信頼ゼロになるな」といった注文も散見された。

 「早くコロナ終わってくれ~」「ホント、何処(どこ)の国でも自由に往来できる世界になって欲しい」と願うツイートも。インバウンド需要に対する見方は多種多様だが、世界で猛威を振るうコロナ禍の収束、そしてウイルスとの戦いの「終息」を誰もが願っていることは間違いない。

写真一覧

  • 雷門周辺で記念撮影をする人々=東京都台東区(松井英幸撮影)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む