記事詳細

「ついにガチ訴訟になったんか」「判決と影響が気になる」 ユーチューバー同士の法廷闘争に、ネット上でも議論白熱

更新

編み物動画をめぐるYouTuber同士のトラブル 1/1枚  動画投稿サイト「YouTube」で自作の動画を公開し、その広告収入で生活もできることから人気の職業となった「YouTuber(ユーチューバー)」。だが、その動画の著作権をめぐって、ついにユーチューバー同士の法廷闘争にまで発展した。富山県のユーチューバーが、投稿した動画を削除されたのは該当しない著作権侵害を申し立てされたためだとして、京都市のユーチューバーらに慰謝料など110万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたのだ。ネットユーザーの間でも物議を醸しており、「動画配信者同士の訴訟であるため注目されるな」と話題になっている。

<< 下に続く >>

 報道によると、原告と被告はいずれも、編み物の動画を撮影しYouTubeで公開している40代の女性。京都地裁で19日、第1回口頭弁論があった。ツイッターには「編物界隈の例の騒動、ついにガチ訴訟になったんか…」「ヒエェ…ちょっと前に揉めてたやつだよね…?」「とうとう裁判沙汰になってしまいましたか(笑)」といった反応がみられ、法廷に持ち込まれる前から両者の対立を知っていた人もいたようだ。

 訴状などによると、原告のユーチューバーがポーチとブックカバーを作製する様子を撮影した動画2本をめぐり、被告のユーチューバーが今年2月、自身の著作権を侵害しているとしてYouTube側に通知。これにより原告の動画は削除されたと報じられている。

 ツイッターには「私的には同じ物でも編むYouTubeさんによって違うから消さないで欲しい 編みにくい人とか編みやすい人とか居るのよ みんなで編み物界を盛り上げていこう!じゃあ、あかんのかなぁ…」と訴える人や、「う~む模型関連の動画は、どうなるのかな?手元撮してるし、テクニックもカブッてる感も無いことも無いと思うんだよな どうなん?」と疑問を投げかける投稿も。

 YouTubeでは著作権侵害を3回通知されると、動画を投稿する権利「アカウント」が使用停止となり、動画がすべて削除される。原告側は、動画は著作権の侵害に当たらないと主張。動画投稿で月額約1万2千円の広告収入を得ていたのに再度の通知を恐れて新しい動画を投稿できなくなった、と訴えているとされるが、これには「編み物ユーチューバーで月1万ちょいも、稼げるのね」といった反応も。編み物の動画をめぐる争いだけに、「こんがらがってほどけなくなっちゃった(マギー審司さんの『耳がでっかくなっちゃった』の言い方)」と形容する人や、編み物だけに「揉めんと木綿糸で編め」とダジャレで感想をつづる人もいた。

 第1回口頭弁論で被告側は「弁護士に相談した上で著作権侵害の通知をしており、十分な検討を行っていた」として請求棄却を求め、全面的に争う姿勢を示している。

 ユーチューバーといえば、今や小学生が将来就きたい仕事の上位にランクインする人気の職業。年収は数億円に及ぶとされる人もいる。養成学校ができるほどユーチューバー人口は増加の一途をたどり、まさに群雄割拠の様相を呈している。ただ、多くのユーチューバーが「ドッキリ」や「大人買い」といった似たような企画の動画を公開しているためか、「イメージ的にはYouTuberて、ほとんど二番煎じなんですけどね」との見解を示す人もいた。

 原告代理人によると、ユーチューバーの著作権侵害に関する訴訟は初めてとみられるという。ツイッターには「編み物動画なんて似たり寄ったりになるんじゃないの? これが普通になったら、ユーチューバーが他のユーチューバーを訴える事案が増えそうだな」「同じもの編んだとしても動画自体はオリジナルですよね?」「著作権で争い事をしている時点で"ユーチューバー"ではなく"編み物作家"である」などさまざまな意見が寄せられ、議論が白熱。一方、編み物が趣味でよくYouTubeを参考にしているという人は「どうか皆が幸せな判決になるといいな」と切なる願いをつづっていた。

 ユーチューバーの著作権侵害をめぐる法廷闘争。今回の訴訟が一つのメルクマールとなる可能性もあり、「これ判決とその影響がどうなるか気になるな」「続報が気になる」と、多くの人が裁判の結果に注目しているようだ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む