記事詳細

「ワクワク感と怖さ」ハッピーターン味のメロンパン発売へ 意外すぎるコラボに期待高まる

更新

プレスリリースから 1/1枚  製パン大手のフジパンが、米菓大手の亀田製菓とのコラボレーションによる新商品「メロンパン ハッピーターン味」を、18日から首都圏、中京地区、大阪府など一部地域のセブンイレブンで先行発売する。菓子パンの定番と、発売から40年以上となるロングセラー米菓という異色のコラボが、ネットで話題になっている。

<< 下に続く >>

 ハッピーターンは、亀田製菓が1976年から製造販売している米菓で、細長い楕円形のせんべいに、独特の甘じょっぱいオリジナル調味粉「ハッピーパウダー」をまぶしたもの。フジパンが先日発表したプレスリリースによれば、今回の商品は、メロンパンの皮にチーズパウダーや欧州産発酵バターマーガリンなどを練りこみ、ハッピーパウダーをイメージしたハッピーターン味のクリームをサンドしたもので、ひとくち食べると「甘さ」から「甘じょっぱい」への味の変化が楽しめるという。価格は税込み124円。パッケージは、ハッピーターンのキャラクターであるハッピー王国の「ターン王子」をあしらったデザインになっている。9月1日以降、全国でも発売される。

 「メロンパン ハッピーターン味」発売のニュースに、ツイッターでは「ええー」「なん…だとぉ!?」「はっ、ハッピーターン味の め、メロンパン??」「なんだこれ! 甘じょっぱいパンてこと?」と予想外の組み合わせに驚きの声が続出。

 いずれも固定ファンの多い人気商品だけに、「ヤバーwww」「食べてみて~」「これ絶対食べたい~」と早速食欲をそそられているユーザーも少なくない。

 ほかにも、「どんな味なんだろう。ちょっと興味があるかな…」「ほうほう、ちょっと楽しみ」と興味津々の人や、「メロンパンにハッピーパウダー振りかけるのかな?と思ったら、チーズ風味のメロンパンにハッピーターン味のクリーム?」と、想像よりも手の込んだレシピだったことに驚く人、「ガリガリくんのコーンポタージュ味と同じようなワクワク感と怖さがあってとてもとても気になる」と怖いもの見たさで引きつけられた人など、さまざまな反応が見受けられる。想像のつかない味が期待を高めているようだ。

 一方、「メロンパンとハッピーターンの両方が好きだが、ハッピーターン味のメロンパンを食べたいと思ったことはない」という意見もあり、人気商品同士を組み合わせたからと言って必ずしも両方の愛好者から支持を得られるわけではないこともうかがわせる。

 また、「メロンパン味のハッピーターンと思った」「メロン味のハッピーターンだったらわかりますが、メロンパンのハッピーターン味はちょっと想像できません」など、逆パターンのコラボを想像した人も散見された。

 ハッピーターンと他社とのコラボとしては、2014年に食品大手の明治から「ハッピーターンアイス」が発売されている。この時はハッピーパウダーの量が多すぎると感じた消費者が少なからずいたようで、賛否がはっきり分かれた。果たして今回はどうなるか…気になるところだ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む