記事詳細

「圧倒的デブ活」オリジンの2000キロカロリー弁当 コスパ議論でペヤング最強説も

更新

プレスリリースから 1/2枚  弁当・惣菜専門店「キッチンオリジン」「オリジン弁当」を展開しているオリジン東秀(東京都)が先日、17日午前10時から24日午前0時の間、「メガ盛パワー2000弁当」を期間限定販売すると発表。発売を前にネットで話題になっている。

<< 下に続く >>

 メガ盛パワー2000弁当は、タルタルチキン南蛮1枚、生姜焼き1食、唐揚げ3個・チーズチキンかつ1枚の肉料理4種に300グラムの白飯を合わせ、大ボリュームを売りにした商品。名前の通り、1食で2000キロカロリーを超える。価格は税抜きで1000円。実は、7月にも23日~26日の4日間限定で販売しており、好評を受けての再発売のようだ。同社はプレスリリースで「夏休み終盤、ご家族でシェアして食べるも良し、お一人で挑むも良し」とアピールしている。

 ツイッターでは、「お得だわー」「食べたい」など発売を心待ちにする声、7月の販売を逃したらしきユーザーからは「こんどこそ!」と意気込む声があがっているが、「帰ってくるの早すぎる…」「ま~た 日にち限定かい!」など、前回7月の期間限定販売から1カ月も空いていないことへの苦言も見られる。

 カロリー量や、器から揚げ物類がはみ出しまくった広告ビジュアルに「なぬ? これでどんぶりなのか!」「会社で話題のざわついていたお弁当だ!! カロリー凄」「圧倒的デブ活」「…(しぬな)」と圧倒されるユーザーが続出。

 おかずが揚げ物や生姜焼きであるため「ちゃいろ…」と、どんぶり一面の色加減に絶句するユーザーや、「米ぜってぇたんねぇだろ」とおかずのボリュームがありすぎて、ごはんとのバランスが悪そうと推察する向きも。

 気になるコスパについては、「単純にこれで1000円なら安くないか?」とボリュームを考えるとむしろ安いという受け止めやオリジンがアピールしている通り、「分けて食べてもいいんじゃないか。コストパフォーマンス良?」など、シェアする前提ならリーズナブルとの評価もある一方で、「1000円かぁ~……。あと500円足せば馴染みのバイキングレストランで倍ぐらい食べれるんだけど…」と、お金を足してもっと食べたいという強者や、「一瞬『おお!』ってなったけど、入っている量と値段を考えたらそうでもないのかな? カロリーベースならペヤングが最強だし、値段と量ならキッチンDIVEの圧勝だろうし。 一般チェーン店だとこれが限界…?」と、1食2142キロカロリーをうたうペヤングのカップやきそば「超超超大盛 GIGAMAX」や、安価かつ大盛りで有名な東京のJR亀戸駅前にある弁当店「キッチンDIVE」の商品と比較した”分析”も見受けられた。

写真一覧

  • プレスリリースから

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む