記事詳細

TikTok、利用者情報無断で収集? 米紙報道に「マジ怖いわ」「いやいや、そんなの常識でしょ」

更新

スマホに表示されるTikTok(ティックトック)の画面 1/1枚  安全保障上の懸念からトランプ米政権が運営規制に動いている中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に対し、日本のネットユーザーが「マジ怖いわww」などと警戒感を示している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)電子版が11日、TikTokが、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォンから個別の識別番号を収集し、オンラインで利用者情報を追跡できるようになっていたと報じたためだ。

<< 下に続く >>

 学生ら若者を中心に人気が急上昇しているTikTokだが、トランプ米大統領は6日、アプリ運営会社との取引を45日後から禁止する大統領令に署名。TikTokが利用者のデータを自動的に収集しており、中国共産党が米国人の個人情報や商標権や特許で守られた所有権の情報を入手する恐れがあると、大統領令で指摘されたことも話題になった。

 報道によると、TikTokは利用者に無断で情報を収集していたとみられ、グーグルの規約に違反した可能性があるとされる。ツイッター上では「TikTok、無断で情報収集してたのがバレるwww」「やっぱりやってるんじゃないか。中華製アプリ怖いのぅ…」などと大きな反響が寄せられている。事実であれば、「今すぐ使用を止めた方がいい」と考える人もいるようだ。報道を受け、「TikTok、完全にクロじゃん」「確実にアウト!」と判断する人や、「使ってなくてよかった」と安堵(あんど)する人も。「やっぱりこういうことが後々になって出てくるんだよね。信用できないアプリは使わないに限る」といったツイートもあった。

 情報流出への不安が広がるなか、日本国内でも大阪府や神戸市、埼玉県がTikTokの活用を相次ぎ停止する動きを見せている。それだけに、「うん、やっぱりね」「いやいや、そんなの常識でしょ。何を今更」と冷静に受け止める人も多かった。TikTokは昨年11月、識別番号の収集を停止したとも報じられているが、ツイッターで「前に無断で読み取るのやめまーす!って公式に発表したらしいけど、見つからなきゃ黙ってるという姿勢がやっぱ理解できないから、中華のスマホもアプリも控えてる」と警戒感を強める人もいた。

 音楽に合わせてダンスを披露する動画などを手軽に投稿できるTikTok。「これに限らず『みんながやってるから大丈夫』っていうのはスゲー危険。『みんな』には何の根拠もないし、『みんな』が間違ってることは珍しくない。本当に怖い」と、ツイッターで警鐘を鳴らす人も見受けられた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む