記事詳細

ツイッターでリプライ相手制限可能に 「有名人いじめ減るかな」と期待集まる 効果は限定的との指摘も

更新

ツイート入力欄下の「すべてのアカウントが返信できます」と書かれた文字をクリックするとポップアップウインドーが現れ、返信できる相手を選択できる 1/2枚  ソーシャルネットワークサービス大手の米ツイッターは11日、利用者が自分のツイートにリプライ(返信)できる相手を制限する機能を導入したと発表した。ツイッター上では早速ユーザーから反響が寄せられている。

<< 下に続く >>

 同機能は、悪意のあるユーザーからの嫌がらせやスパムへの対策として、同社が一部ユーザーを対象に5月からテストしていたもの。ツイート入力画面下に表示される「すべてのアカウントが返信できます」と書かれた文字をクリックするとポップアップウインドーが現れ、返信できる相手を「全員」「自分がフォローしているユーザー」「@で指定し、投稿で関連付けたユーザー」の3つから選択できる。

 ツイッターには「キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!」「これで安心してツイート出来る」と歓迎する声があがっており、「フォロー外の人のリプライ禁止してみた」「さっそく使う」など、早くも試し始めるユーザーも散見される。

 また、「有名人いじめてる人が減るのかな」「有名人へのくそリプなくなるといいねぇ」「一般人の私からしたら、つまらないことに全く知らない人が返信してくれたりして楽しかったりするけど、有名な人ほどアンチとかもあって大変だろうしね。ある程度制限があると嬉しいんだろう」など、有名人に対するSNSを通じた誹謗(ひぼう)中傷を抑止する効果に寄せられた期待も少なくない。

 一方、「リプライ制限しても引用ツイートはできてしまうのでリプライの代わりに引用ツイートが使われてより地獄が広がるだけではという気がしてきた」「@で引用リツイートしてくる人には意味ない」「リプライ制限より引用非表示実装して」など、リプライは制限できても、引用リツイートされた場合はタイムラインに通知が来てしまうため、嫌がらせ対策としての効果は限定的だとする指摘も見受けられた。

写真一覧

  • リプライ相手制限機能を説明するツイッターのヘルプ

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む