記事詳細

今年初、群馬・伊勢崎などで40度超えの猛暑にネット民「ペヤング出来ちまうべ!」 厳しい暑さ「サハラ砂漠みたい」

更新

ペヤング史上最強の激辛商品「ペヤング獄激辛やきそば」(左)とペヤングソースやきそばと激辛やきそばが1つになった「ペヤング超大盛やきそばハーフ&ハーフ激辛」 1/1枚  日本列島は11日、高気圧に覆われて気温がぐんぐんと上昇し、各地で猛烈な暑さとなった。群馬県伊勢崎市と桐生市では午後2時半ごろに今年初めて40度を上回る40.5度を観測。35度以上の猛暑日となる観測点も相次ぎ、ツイッターには「サハラ砂漠みたいになってる」「地獄以上の暑さ」「タイヤ溶けちゃうよ」などと、悲鳴にも似たつぶやきが並んだ。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないなか、厳しい日差しの中でもマスクをつけなければならず、「コロナに猛暑に勘弁して~やな」といった投稿も。「皆さん熱中症に気をつけて過ごして下さい」と注意喚起する人も目立った。

<< 下に続く >>

 新型コロナでマスク着用が促されているため、ツイッターには「こんな猛暑日にマスク着けてコロナ対策が続く日々……」「この猛暑の中、屋外の作業…しかもマスク着用…オワタ…」と嘆く投稿が相次いだ。中には、「こんな暑い中でマスク着用は本当に危険すぎる。。。」と熱中症リスクを指摘する人も。実際、厚生労働省は人との距離が2メートル以上とれる場合はマスクを外すことや、マスク着用時は激しい運動を避け、気温・湿度が高いときは特に注意が必要と呼びかけている。

 「今日の暑さは命を脅かす厳しい暑さ。エアコンの電気代を節約して病院代が多額になっては意味がない」と、熱中症予防のためにエアコンの積極的な使用を訴える声も。40.5度を観測した伊勢崎市には、人気カップ麺「ペヤングソースやきそば」を製造・販売する「まるか食品」の本社があるためか、「ペヤング出来ちまうべ!」とツイートした人もいた。

 伊勢崎市のほか、埼玉県鳩山町でも40度を上回る40.2度を観測するなど厳しい暑さに見舞われた11日。「関東ほどじゃないですが関西も猛暑です」と、猛暑、酷暑を報じるニュースのツイートには、各地からリプライが絶えず、「暑すぎだろ」「ヤバすぎだょね」「あっついねー」といったツイートが続いた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む