記事詳細

PASMOがiPhone対応へ 歓迎と期待に混じり「もう定期買わないからSuicaでいい」とテレワーカー

更新

PASMO発表のプレスリリースから 1/1枚  交通系ICカード決済サービス「PASMO」を運用する鉄道事業者などが加盟するPASMO協議会は6日、PASMOを2020年中に米IT大手のアップルが提供する電子決済サービスApple Payで利用可能にすると発表した。サービスの内容や開始日など詳細は明らかにされていないが、Apple Payを利用しているiPhoneやApple Watchのユーザーの間で早くも話題になっている。

<< 下に続く >>

 Android向けには3月から「モバイルPASMO」サービスがスタートしており、スマートフォンを定期券として利用することが可能になっていた。

 同じ交通系ICカードとしては、JR東日本の「Suica」がすでにApple Payに対応しており、PASMOとも互換性があるため、不定期乗車ではPASMO対応路線であってもSuicaで代用することも可能だったが、PASMOが対応すればiPhoneなどアップル製のモバイル機器を都営交通や私鉄系のモバイル定期券として利用することにも道が開かれる。

 ツイッターには、これまでカード型のPASMOを利用していたと思われるユーザーから、「やっとか」「待ち望んでいた」「これは朗報」「おおっ、うれしい!」「PASMO派だからありがたい」「PASMOでしか定期を作れなかったiPhoneユーザーもカードレスで持てるようになった、それだけで素晴らしい」など、歓迎の声が多数寄せられている。

 「転居先の選択肢が増える」とモバイル定期券が使えるようになることで、私鉄沿線が引っ越し先の候補になるという意見や、「都民の荷物がまた少し減るのですね」と、持ち歩くカードが1枚減るとの指摘、「ポイントのシステムがどうなるのかやお得なキャンペーンに注目ですね」と、クレジットカードからのチャージでポイント付与する仕組みへの期待、「iPhone12か(グーグルの)Pixel5に買い替え予定でどっちにするか迷ってたけど、iPhoneに気持ちが少し傾いた」「満を持してApple Watch買うかな」など、スマホやスマートウオッチ選びの動機になるという人まで、感じるメリットは人によってさまざま。生活に密着したサービスだけに、その影響力の大きさがうかがえる。

 ただ、これら歓迎の声に混じり、「リモートであんま使わないけど」「いや、もう定期買わないからSuicaでいいんだよな」「もう定期買うこともないかもしれないと思うと完全に機会損失してる」「定期使わなくなったし、週1ならモバイルSuicaで個別清算でいいやってなってしまった」など、テレワークが増え、定期券を利用する機会がなくなってしまったユーザーの微妙な反応も少なからず見受けられた。

 このほか、「Icocaも、はよ」「PiTaPaはいつ?」など、他地域で展開されている交通系ICカードの対応要望も散見された。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む