記事詳細

ウーバーイーツ、サブスク開始で苦言・要望続々 「配達員によってマナーに差」「指名制導入を」

更新

定額制を導入するウーバーイーツの配達員=東京都内 1/2枚  米配車大手ウーバー・テクノロジーズは6日、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の日本事業で、配送料の定額制をスタートさせ、ネットで反響を呼んでいる。

<< 下に続く >>

 月額980円を支払うと、料理代などが1200円を超える注文の配送料はかからなくなる。利用回数に制限はなく、最初の1カ月は無料。8日までに全ての利用者が使えるようになるという。

 この発表を受け、すでに頻繁に利用していると思しきユーザーからは、「いいなぁ~確実に24時間依頼できるんであれば使いたい」「毎回宅配料見てうーん…ってなるから頻繁に使うならありかなー」など歓迎する声があがっているほか、利用者ではなくても「コロナの今は結構ニーズが高いかもしれませんね、これは」「月額でこの安さでめちゃくちゃ使う人はありだな」「これはかなり利用数増えるんじゃないかな?」など、時宜に適ったサービスと見る人が多い印象。

 また、「ありがたいんだけど、器や料理を丁寧に扱う方とそうでない方の差が激しいので、指名制導入お願いします」といった配達員を指名できるシステムの導入を求める意見や、「UberEATS使うなら出前館使うよね ちゃんと料理温かいし」など、競合他社を評価するも書き込みもあった。

 このほか、定額制とは直接関係ないものの、同社の契約配達員の運転・配達マナーについての苦言も少なくない。

 「使ったことないけど…バイト感覚の知らない人たちが、家の前までくるのは、普通に怖い。ヤマトや佐川は、だいたい担当者も決まっているから、届けてくれても安心だけど」「ほぼ毎日どこかでUberEatsの逆走など違法運転を見掛ける。便利なサービスで良いけど、利用してる自分が違法運転の原因というかきっかけを作ってるみたいで、利用するのが嫌になった」など、利用経験の有無にかかわらず、必ずしも肯定的ではない意見が散見される。

 これらの厳しい見方に対し、「法律遵守で頑張ってウーバーイーツをしてる方々も同じ穴の狢のように言われないようにするために声をあげた方がいい」など、良心的な配達員を慮(おもんぱか)った言葉や、現役の配達員と思われるユーザーからは「インセンティブだろうがそれより守るべきことはありますね。人に迷惑かけてまでUberやろうとは思いません」「配達員も注文も両方やってるが定額制とかにするよりお互いに利用料取られるのだから電話窓口とかちゃんとしてくれ。いちいちチャットだし答えがズレるからやり取りに時間がかかる」などの声もあった。

 交通マナーついては、「無茶苦茶な運転のウーバー自転車が多いけど、それはウーバーが悪いんじゃなく自転車に対する法整備が大昔のままで現状にそぐわないのが大きい」「Uberがあぶないんじゃなくて、原付と自転車はもともと危ない運転多いと言うことが、Uberで露呈したのでは」などの指摘が見られた。

写真一覧

  • ウーバーイーツ公式ウェブサイトから

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む