記事詳細

ワンコインでピザ サブウェイ「ピザサブ」発売へ 「ピザデブ」と見間違える人続出

更新

サブウェイ発表のプレスリリースより 1/1枚  ファストフード大手の日本サブウェイが5日、サンドイッチの新商品「ピザサブ」を26日から全国の店舗で発売すると発表。ネットで話題になっている。

<< 下に続く >>

 「サブウェイ史上最大量」のモッツァレラチーズを使用した同商品は、「ピザ バジルトマトチキン」「ピザ てりマヨチキン」「ピザ ベーコンイタリアーナ」の3種類で、価格はいずれも税抜きで450円。同社では、一人分から、予約なしで、出来立てを、片手で、ワンコインで食べられる「新しいスタイルのピザ」とアピールしている。販売期間は10月6日まで。

 発売までは間があるものの、ツイッターには早くもさまざまな反響があがっている。

 プレスリリースや、メディアに掲載された宣伝用の写真では、大きく切り開かれたパンの上に、トッピング具材を覆うように溶けたチーズがかかっており、「絶対おいしいじゃん」「じゅるり」「信じられんほど美味しそうなサンドイッチを出そうとしているんだけど!」「これは3種類全部食べなきゃな」など、ビジュアルに食欲を刺激されて期待が集まっている。

 しかし関連ツイートで最も多いのは、商品名に関するもので、「ピザサブが、ピザデブに見えたわw」と空目するユーザーが続出。「ピザデブに見えて(ヘ、ヘイトスピーチ……!)となってた」「『ピザサブ デビュー』の文字列を『ピザデブ デュフー』と読んでしまって、自分のなかのピザへの差別意識を確認させられてる」など、読み間違いと気づきながらも、いたたまれない気持ちになる人、「露骨な表現だなとか思ってしまった」「『何というか……思い切ったコピー使ったなぁ』と半ば感心してた」「ギリギリを攻めた感じのネーミングに思えてしまった」「一瞬ピザデブに見えて正直者だな…とめっちゃ好感度が上がった」と、読み間違えでなかったと仮定した時の“大胆さ”を面白がる人など、感じ方はさまざま。

 なかには「ピザデブに見えると思ったら同じ人いっぱいいて安心した」と安堵(あんど)する声が見られるほど、空目を多数、誘発している様子。サブウェイのネーミングの真意はわからないが、「ピザデブ」の空目のおかげで、ネット上に正しい商品名も広まっているのは間違いないようだ。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む