記事詳細

東京五輪チケット、4月以降に抽選申し込み受け付け

更新

東京2020大会のオリンピック公式チケット販売概要が発表され、会見でチケット販売をPRした吉田沙保里さん(右)とミライトワ=30日午後、東京都港区(桐山弘太撮影) 1/1枚  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、東京五輪の開会式と各競技の国内一般向け公式チケットの販売概要を発表した。4月以降に公式チケット販売サイトで全競技・式典の抽選申し込み受け付けを開始。結果は6月中旬以降に発表される。

<< 下に続く >>

 抽選申し込みで購入できるのは一般チケットのほか、車いす利用者向けチケットと、子供やシニア、障害者を含むグループを対象に1枚2020円で購入できるグループ向けチケット。いずれも公式サイトで「TOKYO 2020 ID」への事前登録が必要で、組織委によると、登録者は28日現在で125万人を突破した。

 秋以降には販売サイトを通じた先着順販売、また20年春以降は都内に設置予定のチケット販売所で窓口販売も行う。

 開閉会式と各競技のチケット価格の詳細も発表された。昨年7月に公表された競技ごとの価格帯のうち、バレーボールなど一部で最高または最低額が変更。未定だったサーフィンは一律3000円に設定された。陸上の男子100メートル決勝、男女400メートルリレー決勝などは午後の実施が固まり、最上位席種は全競技で最高の13万円となった。

 国際オリンピック委員会(IOC)が実施判断を先送りしているボクシングは調整中となっている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む