記事詳細

何をどこまで? 中学生に避妊教える性教育は適切か 東京都内の授業めぐり議論

更新

 区教委によると、学校は事前に保護者会などで授業を行うことを伝え、保護者らに授業を公開。特に否定的な意見はなかったという。

<< 下に続く >>

「助長の可能性」

 都教委は生徒全員に対する授業で、小中高いずれの学習指導要領でも扱わないことになっている性交渉を取り上げ、本来高校で扱う避妊や人工妊娠中絶について具体的に説明したことを問題視。「性交をしてもよいかのような内容で、かえって助長する可能性がある」と指摘する。保護者への説明も不十分だったという見解だ。

 また、この授業を都議会文教委員会で「不適切ではないか」と質問した古賀俊昭都議(自民)は、指導要領を超えた内容を扱ったことのほか、「ほかの生徒や参観者の前で性に関する自分の意見を述べさせるのは、生徒の心の中に踏み込むことで配慮が足りない。また、生命の誕生につながる妊娠を性交のリスクのようにとらえてよいのか」と疑問視する。

「行動慎重にさせる」

 一方、学校で性教育の出張授業などを行うNPO法人ピルコンの染矢明日香理事長は、「発達段階に応じた科学的な情報を伝えることが性行動を慎重化させるという研究結果が、ユネスコの『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』などに示されている」と話す。

写真一覧

  • 東京都足立区立中の性教育で事前に行われたアンケート結果

注目ニュース

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む