記事詳細

女性5人に体液かけた疑い 神奈川県警巡査を停職6カ月の懲戒処分

更新

神奈川県警本部 1/1枚  神奈川県警監察官室は22日、女性のバッグに体液をかけるなどしたとして、器物損壊などの疑いで、第1機動隊所属の男性巡査(27)を書類送検するとともに、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は同日付で依願退職した。

<< 下に続く >>

 書類送検容疑は昨年2月2日、JR横浜駅構内で20代の女性が持つバッグと女性の足に、プラスチック容器に入れた自身の体液を付着させたとしている。

 同室によると、男性は昨年2月に東京都品川区のJR大井町駅構内で、同じく20代女性のバッグに体液を付着させたとして、同年10月15日に警視庁に逮捕されていた。その後、男性は同年2月から10月までの間、都内や神奈川県内で、別の女性5人に同様の犯行を繰り返していた疑いが判明。男性は取り調べに「体液をかけるわいせつ動画を見て、自分でもできるのではないかと思った」などと供述したという。

 重江光一同室長は「職員の綱紀粛正に努める」とのコメントを発表した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×