記事詳細

兵庫のボーガン殺傷事件で男起訴、神戸地検

更新

 兵庫県宝塚市の住宅で家族がボーガンで撃たれ4人が死傷した事件で、神戸地検は22日、殺人と殺人未遂の罪で、同市の無職、野津英滉(ひであき)容疑者(24)を起訴した。昨年7月から約半年間、責任能力の有無を調べる鑑定留置が実施されていた。鑑定結果を踏まえ、地検は刑事責任能力を問えると判断した。

<< 下に続く >>

 起訴状によると、被告は昨年6月4日、自宅で同居する祖母の好美さん=当時(75)=と弟の英志(ひでゆき)さん=同(22)、別居する母のマユミさん=同(47)=の3人を殺害し、伯母(50)に大けがをさせたとしている。

 兵庫県警によると、矢は被害者の首や頭部に向けて発射されていた。被告は事件当初、県警の調べに「家族全員を殺すつもりだった」と供述していた。

 兵庫県は昨年10月、全国に先駆けてボーガンの所有者に届け出を義務化する条例を制定。条例では、規制対象のボーガンを新たに取得した場合は14日以内に県へ届け出ることを求めている。違反者には5万円以下の過料が科される。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×