記事詳細

アイス無断飲食に激高の元教諭に懲役2年求刑

更新

 兵庫県宝塚市立長尾中で昨年9月、顧問を務めていた柔道部の生徒2人に体罰を加え重軽傷を負わせたとして、傷害罪に問われた元同校教諭、上野宝博被告(50)=懲戒免職=の初公判が21日、神戸地裁(国分史子裁判官)で開かれた。上野被告は起訴内容を認め、「本当に申し訳ないと思っている。精神的にも肉体的にもひどいけがをさせてしまった」と謝罪した。検察側は懲役2年を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。判決は来月15日。

<< 下に続く >>

 上野被告は事件当時、1年生の男子部員2人が校内の冷凍庫で保管していたアイスクリームを無断で食べたことに激高、体罰に及んだ。被告人質問では「悪いことをしたと分かってもらうために強い指導をしたが、それは指導ではなく体罰だと思う」と供述した。

 検察側は「体罰が正当化されることはない」と指弾。弁護側はすでに免職処分となっていることを踏まえ、猶予判決を求めた。

 起訴状などによると、上野被告は昨年9月25日、同校の武道場で2人に投げ技をかけて体を床に打ちつけたり、両頬を殴打したりして、1人に背中の骨を折る重傷を負わせ、もう1人にもけがをさせたとしている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×