記事詳細

哺乳瓶「無理やり口に」 乳児放置死疑いで逮捕の父 埼玉

更新

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影) 1/1枚  埼玉県美里町の自宅で衰弱した生後3カ月の金井喜空ちゃんを放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された父親の裕喜容疑者(29)が、県警の調べに「ミルクの飲みが悪かったので、哺乳瓶を無理やり口に突っ込んだ」と供述していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。押収した哺乳瓶から血液反応が出たという。

<< 下に続く >>

 県警は21日、裕喜容疑者と、同じ容疑で逮捕した妻のあずさ容疑者(28)を送検。喜空ちゃんはあごの骨や肋骨が折れており、裕喜容疑者が育児でいら立ちを募らせ、暴行し負傷させた疑いもあるとみて調べる。

 捜査関係者によると、裕喜容疑者は「けがをさせたのは間違いない」と供述。県警は、哺乳瓶に付いた血が、喜空ちゃんが負傷した際のものかどうか慎重に調べている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×