記事詳細

軽井沢バス事故、21日にも社長ら2人を在宅起訴

更新

 長野県軽井沢町で平成28年1月、スキーツアーの大型バスが道路脇に転落して大学生ら15人が死亡し26人が重軽傷を負った事故で、長野地検が21日にも、業務上過失致死傷の罪でバスを運行していた「イーエスピー」(東京都羽村市)の高橋美作社長(59)と、運行管理者だった荒井強元社員(52)を在宅起訴する方針であることが20日、関係者への取材で分かった。

<< 下に続く >>

 自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで書類送検された土屋広運転手=当時(65)=は、容疑者死亡で不起訴処分になるとみられる。

 事故は28年1月15日午前1時50分ごろ、軽井沢町の国道18号碓氷バイパスの入山峠付近で発生。県内のスキー場に向かっていた大型バスは下り坂を時速約95キロで走行し、カーブを曲がりきれずに崖下に転落した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×