記事詳細

元読売記者に有罪判決 覚醒剤所持、使用

更新

東京地裁(桐原正道撮影) 1/1枚  覚醒剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた元読売新聞記者、石橋武治被告(35)=東京都立川市=に東京地裁は19日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

<< 下に続く >>

 被告は「覚醒剤を使用、所持した認識はない」と無罪を主張。だが丹羽敏彦裁判官は、採尿のための任意同行で「覚醒剤の陽性反応が出ると思う」と発言したことや、薬品の外観、購入時の条件から正規に流通したとは考えにくく「覚醒剤などの違法薬物との認識があった」と判断した。

 判決によると、昨年1月下旬~2月3日、東京都内またはその周辺で、覚醒剤を使用。同日、新宿区歌舞伎町の路上で覚醒剤を含む液体約5・6ミリリットルを所持した。

 石橋被告は当時、読売新聞北海道支社千歳通信部の記者で、病気療養のため立川市の実家に帰っていた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×