記事詳細

元球児ら強盗致傷認める 甲子園優勝校で主将

更新

 千葉県八街市の住宅に平成31年4月、強盗目的で押し入り住人にけがを負わせたとして、強盗致傷などの罪に問われた無職、千丸剛被告(21)=東京都町田市=ら男4人は、19日開かれた千葉地裁(坂田威一郎裁判長)の裁判員裁判初公判で強盗致傷の起訴内容を認めた。千丸被告は29年の夏の甲子園で花咲徳栄高(埼玉県)が優勝した際の主将だった。

<< 下に続く >>

 他に起訴されたのは、吉添勇人被告(23)=神奈川県大和市、越川正翔被告(23)=同県茅ケ崎市、山本光輝被告(22)=同県大和市。

 起訴状によると、4人は31年4月26日夜、八街市の住宅に金品を奪う目的で侵入し、住人の男性の頭をバールで殴り、男性の妻を粘着テープで縛るなどしてけがを負わせたとしている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×