記事詳細

義母強盗殺人罪を否認、死体遺棄は認める 静岡地裁初公判

更新

 静岡市駿河区の住宅で平成29年10月、義母を殺害して現金約300万円を奪ったとして、強盗殺人と死体遺棄などの罪に問われた無職、山本豊和被告(37)の裁判員裁判初公判が19日、静岡地裁(伊東顕裁判長)で開かれた。被告は300万円の持ち出しを認めた一方「殺していません」と述べ、強盗殺人罪を否認した。死体遺棄罪の起訴内容は認めた。

<< 下に続く >>

 起訴状などによると29年10月5日、義母の神久美子さん=当時(62)=の自宅で、神さんの首を手で圧迫するなどして窒息死させ、現金約300万円を奪い、翌6日に同区の道路脇の草むらに遺体を遺棄したとしている。

 また28年12月、静岡県焼津市のコインランドリーの両替機などから現金計約14万円を盗んだとして窃盗罪にも問われている。被告はコインランドリーの運営会社の元社員だったという。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×