記事詳細

乳児殺害の罪、母親認める 大阪、踊り場から落とす

更新

大阪地裁=大阪市北区 1/1枚  大阪市平野区で令和2年1月、当時生後7カ月の三女を市営住宅の踊り場から落とし殺害したとして、殺人罪に問われた母親、民谷(たみたに)瞳被告(37)に対する裁判員裁判の初公判が18日、大阪地裁(坂口裕俊裁判長)で開かれ、民谷被告は起訴内容を認めた。

<< 下に続く >>

 検察側の冒頭陳述によると、被告には知的障害があり、4人の子どもを育てていた。同月上旬に三女らがインフルエンザに感染して負担が増加し「三女がいなければ」と思うようになった。事件当時は心神耗弱状態だったとしている。弁護側は、育児ノイローゼと適応障害が影響していたと主張した。

 起訴状などによると、同年1月19日午前9時50分ごろ、自宅近くの市営住宅の4~5階の踊り場から三女を植え込みに落とし、さらに午前10時5分ごろ、9~10階の踊り場から地面に落下させ、脳挫滅で死亡させたとしている。

 被告は同日殺人容疑で逮捕され、約5カ月半の鑑定留置を経て、大阪地検は刑事責任能力を問えると判断し起訴した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×