記事詳細

北日本と北陸で暴風雪 気象庁、警戒呼び掛け

更新

 北日本や北陸地方では19日にかけ、雪を伴った非常に強い風が吹き、大雪となる見込みだとして、気象庁は18日、暴風雪や高波に警戒するよう呼び掛けた。積雪や路面凍結、吹きだまりによる交通障害に注意が必要だ。

<< 下に続く >>

 気象庁によると、18日午後から19日午前にかけて、二つの低気圧が急速に発達しながら日本海から北日本へ進み、冬型の気圧配置が強まる。

 19日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道23メートル(35メートル)、東北、北陸20メートル(30メートル)で、予想される波の高さは、北海道、東北、北陸5メートル。19日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸60センチ、東北50センチ、北海道40センチ。その後の24時間でも北陸40~60センチ、東北、北海道20~40センチ。

 また北日本や北陸地方で19日にかけ、低気圧や寒冷前線の接近・通過、上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定となる所があるとして、気象庁は、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにも注意するよう呼び掛けている。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×