記事詳細

阪神大震災26年 鎮魂のトランペット、神戸の街に

更新

ビーナスブリッジで追悼のトランペットを吹く松平晃さん=17日午前5時55分、神戸市中央区(安元雄太撮影 1/1枚  阪神大震災から26年となった17日、神戸市の高台にあり市街地を一望できる諏訪山公園(中央区)では、恒例のトランペットの音色が、眼下に広がる夜明け前の街に向けて響き渡った。例年より少ない10人ほどが訪れ耳を傾けた。

<< 下に続く >>

 午前5時46分の黙祷(もくとう)後、川崎市中原区のトランペット奏者、松平晃さん(78)が、唱歌「花の街」を演奏。続けて復興支援ソング「花は咲く」も披露した。松平さんは「コロナ禍で今年は神戸に来るのを直前まで悩んだが、いつも通りの演奏を届けたいと思った」と語った。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×