記事詳細

阪神大震災17日で26年 灯籠の前日点灯で来場者分散へ

更新

「1・17の集い」を翌日に控え、紙灯ろうに灯りがともされた=16日午後、神戸市中央区(彦野公太朗撮影) 1/5枚  6434人が犠牲となった阪神大震災は、17日で発生から26年となる。発生時刻の午前5時46分には、兵庫県内各地で鎮魂の祈りがささげられる。今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの追悼行事が中止や規模縮小などを迫られた。遺族や被災者らは自宅やオンラインなど、例年とは違う形でも犠牲者を悼み、改めて震災の記憶と教訓を胸に刻む。

<< 下に続く >>

 17日は早朝から神戸市中央区の東遊園地で、追悼行事「1・17のつどい」が開かれ、市民らが灯籠で「がんばろう 1・17」の文字をつくり、午前5時46分に黙祷(もくとう)する。コロナ禍を考慮し、会場での炊き出しなどはせず、東京会場はなくして誰でも参加できるオンラインでの中継を行う。

 また、来場者を分散させようと、初めて16日夕から灯籠を先行的に点灯。コロナ禍で竹の伐採作業が思うように行えず竹灯籠が不足したため、初めて追悼のメッセージが刻まれた紙灯籠も導入、当日会場に来られない人たちから約8千枚を集めた。

 市民団体のまとめによると、兵庫県内で17日前後に開かれる追悼行事は昨年より18件減の42件で、緊急事態宣言の発令でさらに減少するとみられる。

写真一覧

  • 「犠牲者追悼のつどい」で、ろうそくに火を灯す少女=16日午後5時25分、兵庫県伊丹市(柿平博文撮影)
  • 昆陽池公園で行われた「犠牲者追悼のつどい」=16日午後、兵庫県伊丹市(全天球カメラで撮影、渡辺恭晃撮影)
  • 紙筒の灯ろうに火を灯す人々=16日午後、神戸市中央区の東遊園地(須谷友郁撮影)
  • 「犠牲者追悼のつどい」で、ろうそくに火を灯し黙祷する人々=16日午後5時46分、兵庫県伊丹市(柿平博文撮影)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×