記事詳細

山本仁神奈川県警本部長が就任会見「県民守る責務果たす」

更新

就任会見に臨む神奈川県警の山本仁本部長=15日、横浜市の県警本部(宇都木渉撮影) 1/1枚  15日付で神奈川県警本部長に着任した山本仁(まさし)氏(55)が同日、就任会見に臨み、「新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中にあっても、県民を守るという責務をしっかり果たしていく。県民に身近な警察行政への影響も最小限にとどめるよう、全力を尽くす」と抱負を語った。

<< 下に続く >>

 山本氏は「33年前の警察官としての振り出しが神奈川県警だった」としたうえで、「県内には都市部や郊外があり、さまざまな事象が起こるが、県警は限られた人員で対処してゆく職人の集団という印象を受けた。時代は変わったが、その部分に変わりはない」と述べた。

 東京都出身。趣味は自動車の運転で、これまで20台ほどを乗り継いだといい、「3年で10万キロを運転したこともある」。東京大学経済学部卒業後、昭和63年に警察庁入庁。滋賀県警本部長、警視庁交通部長などを歴任。令和2年8月から警察庁長官官房総括審議官を務めた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×