記事詳細

軽井沢バス事故5年 現場に献花 大学生ら15人死亡

更新

スキーバス転落事故現場付近に立つ慰霊碑に献花する町立軽井沢東部小の盛野憲俊校長=14日午後、長野県軽井沢町 1/1枚  大学生ら15人が死亡し、26人が重軽傷を負った長野県軽井沢町のスキーバス転落事故は、15日で発生から5年となった。14日午後には、事故現場付近に建立された慰霊碑に献花する人が相次いだ。

<< 下に続く >>

 事故で亡くなった西原季輝さん=当時(21)=の母親は14日、手記を公表し「毎日を何とか奮い立たせて生きている。もう何をしても戻らない生命に対して、どう償ってもらえばいいのか」と悲痛な胸の内を明かした。バスを運行した「イーエスピー」(東京都羽村市)の高橋美作社長(59)は「謝罪の気持ちでいっぱいです」とする文書を同日公表した。

 事故は平成28年1月15日午前1時50分ごろ発生。下り車線を時速95キロで走行したバスがカーブを曲がりきれず崖下に転落した。長野県警は29年6月、業務上過失致死傷の疑いで高橋社長と当時の運行管理者を、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで死亡した運転手をそれぞれ書類送検。長野地検が捜査を継続している。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×