記事詳細

プラ資材あぶり失火容疑 男性社員を書類送検 大阪

更新

 昨年12月、大阪府和泉市納花町のリサイクル関連会社「日興通商」の敷地内で起きた火災で、大阪府警は14日、業務上失火の疑いで、同社の男性社員(58)を書類送検した。高く売れるプラスチックの一種ポリカーボネートを含む資材をえり分けるため、火であぶってにおいで確認する作業をしていたという。

<< 下に続く >>

 書類送検容疑は12月5日、資材をライターであぶる作業後、火の不始末で燃え移らせた疑い。近くにあったプラスチック資材240トンほどが燃えた。府警によると、かぎ分ける作業は業界では一般的で、同社では男性しかできなかった。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×