記事詳細

警察官6人を不起訴処分 横浜、泥酔男性放置死疑い

更新

神奈川県警本部 1/2枚  横浜地検は14日までに、泥酔した男性=当時(56)=を男性の自宅に寝かせて立ち去り、死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで書類送検された神奈川県警加賀町署の警部補(49)ら警察官6人を、いずれも不起訴処分とした。処分は13日付で、理由は明らかにしていない。

<< 下に続く >>

 県警によると、警察官らは昨年2月19日朝、横浜市中区にあるマンションのエントランスで倒れている男性を発見。保護して男性の部屋に連れて行ったが、その後死亡した。死因は頭部打撲による脳機能障害で、発見場所付近で転倒したとみられる。

 県警は、意識の有無を確認できなかったにもかかわらず、意識があるとの虚偽の報告書を作成したとして、6人のうち3人を虚偽有印公文書行使などの疑いでも書類送検。地検は同容疑についても13日付で不起訴処分とした。

写真一覧

  • 神奈川県警

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×