記事詳細

県警データ悪用の元巡査に有罪 女性宅訪ね強制わいせつ さいたま地裁

更新

 埼玉県警のデータベースを悪用して得た情報をもとに女性宅を訪ね、体を触ったなどとして、強制わいせつや住居侵入などの罪に問われた元県警鉄道警察隊巡査、當野弘児被告(33)=さいたま市見沼区=に、さいたま地裁は14日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年6月)の判決を言い渡した。

<< 下に続く >>

 任介辰哉裁判官は判決理由で、女性宅を訪ねたのは「仲良くなるためだった」という被告の主張について「信用できない」と指摘した上で、「警察官としての立場を悪用して犯行に及んだことは非常に悪質だ。より強い非難に値する」と断じた。一方で、被害者と示談が成立しており反省が認められるとして、執行猶予が相当とした。

 判決などによると、當野被告は令和元年8月、データベースの情報をもとに、さいたま市の女性宅を不動産業者を装って訪問、体を触ったほか、平成30年12月にも同市の別の女性の情報を不正に得た。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×