記事詳細

高級食材を取り込み詐欺 黒毛和牛、ホタテを詐取容疑で組員ら逮捕

更新
産経新聞

警視庁=東京都千代田区霞が関 1/2枚  食品卸売会社を装い黒毛和牛などの高級食材を詐取したとして、警視庁は詐欺の疑いで、会社員の比下剛浩(ひげ・よしひろ=65)=別の詐欺事件で受刑中=と、特定抗争指定暴力団山口組系組員、坂田宏樹(41)=神奈川県伊勢原市下糟屋=の両容疑者ら男9人を逮捕した。警視庁は認否を明らかにしていない。大量の商品を受領後に行方をくらます「取り込み詐欺」の手口で、少なくとも全国の約10社が黒毛和牛やホタテなどを詐取され、被害総額は計約6000万円に上るとみられる。

<< 下に続く >>

 組織犯罪対策特別捜査隊によると、グループは全国の食品展示会などをめぐり「海外でも事業展開している」と勧誘し、偽パンフレットや少額取引で相手を信頼させた。詐取した商品は3割引程度で卸売会社に転売し、利益は暴力団の資金源になった疑いもある。

 逮捕容疑は、東京都荒川区の食品卸売会社を名乗り平成30年3月、福岡県の食品業者から和牛など約250万円分の食肉を、東京都の業者からホタテ貝柱などの海産物約80万円分をだまし取ったなどとしている。

 比下容疑者はグループのまとめ役とみられ、平成30年に同様の別事件で逮捕され、実刑判決が確定して受刑中だった。

写真一覧

  • 警視庁=東京都千代田区

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×