記事詳細

彫師の男、内装工の男性殺害認める 千葉保険金殺人初公判

更新

 千葉県富津市の港で平成31年1月、多額の保険金がかけられていた内装工、宍倉拓也さん=当時(23)=を海に落として溺死させたとして、殺人罪に問われた男3人のうち、彫師、佐中佑輔被告(33)は14日、千葉地裁(小池健治裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で起訴内容を認めた。

<< 下に続く >>

 事件では佐中被告の他に、拓也さんの勤務先の社長で、養子縁組を結んでいた宍倉靖雄被告(49)が殺人罪で起訴されている。同じく殺人罪に問われた内装工の男(51)は、昨年の千葉地裁裁判員裁判で、幇助(ほうじょ)犯にとどまるとして懲役10年の判決が言い渡され、刑が確定した。

 検察側は冒頭陳述で、靖雄被告から死亡保険金を受け取ろうと殺害計画を持ちかけられたと経緯を説明。釣りをしていた被害者を突き落とす実行行為を担い、佐中被告の関与は積極的だったと指摘した。弁護側は「靖雄被告の手下のような存在となっており積極的ではなかった」と主張した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×