記事詳細

「トゥクトゥク」で白タク行為の疑い 初摘発

更新
産経新聞

神奈川県警に押収された三輪車「トゥクトゥク」(画像の一部を加工しています、同県警提供) 1/1枚  横浜市内で許可なくタクシー営業(白タク行為)をしたとして、神奈川県警交通捜査課は13日、道路運送法違反の疑いで、同市保土ケ谷区の会社役員の男(49)を書類送検した。容疑を認めている。

<< 下に続く >>

 書類送検容疑は許可を得ずに昨年8月7日から同10月14日までの間、「トゥクトゥク」と呼ばれるタイで多く使用されている三輪自動車を使い、9回にわたって同市中区新港から横浜中華街などの市内観光地へ客を有償で運んだとしている。

 同課によると、男は客を車両に乗せて移動し、観光地で写真を撮る「写真撮影サービス」の名目で運賃を徴収。「標準プラン1時間1万3千円、チェキ(写真)2枚」などのプランを設け、平成30年9月から昨年11月末までに約400万円を売り上げていた。「トゥクトゥク」を使った白タク行為の摘発は全国初という。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×