記事詳細

中村雅俊が東日本大震災を振り返る 同じ宮城県出身の生島ヒロシのラジオ番組で

更新
サンケイスポーツ

生島ヒロシ(左)とラジオ対談を収録した中村雅俊 1/1枚  俳優で歌手、中村雅俊(70)が、3月1日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・0)にゲスト出演する。中村は宮城・女川町出身。MCの生島ヒロシ(70)も同じく宮城・気仙沼市出身の同学年で、このほど収録が行われた。

<< 下に続く >>

 中村の三女でタレント、中村里砂(31)は生島が会長を務める芸能事務所、生島企画室の所属とあって話が弾んだ。お互い小学3年だった1960年5月24日にはチリ津波地震を経験。2011年3月11日の東日本大震災では、それぞれの故郷が甚大な被害を受けた。

 「地元の人間という意識が震災後、強く生まれました。何とか自分のできることをやろうと思っています。(復興は)まだまだという感じですね」と中村。「怖かったのが被災地に行った時でした。記憶にあった景色すらなくなり、見たこともない景色が…。震撼としました」と振り返った。

 「風化させてはいけない。ちょっとしたアクションでも、(支援)活動を続けていきます」と力強く宣言した。中村は3月8、15、22日にも出演する。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×