記事詳細

市川海老蔵、3・5スタート巡業公演へ決意…そして家族の未来語る

更新
産経新聞

「古典への誘い」で全国公演を行う市川海老蔵=東京・銀座(撮影・斎藤浩一) 1/1枚  歌舞伎俳優、市川海老蔵(43)が、3月5日から始まる巡業公演「古典への誘い」を前に本紙などの取材に応じた。5人の盗賊を描く「弁天娘女男白浪」では弁天小僧菊之助役を5年ぶりに披露。思い入れのある演目で、長女で舞踊家、市川ぼたん(9)と長男の堀越勸玄(7)に「見せたい」と笑顔を見せ、歌舞伎界の将来に思いをはせる場面も。父として、師匠としての思い、コロナ禍で得たことなどを語り尽くした。

<< 下に続く >>

 今月3日が命日だった父、十二代目市川團十郎さん(2013年死去)が設計に携わった石川・こまつ芸術劇場うららを皮切りに全国14カ所を回る「古典への誘い」=別表。同地には、お家芸「勧進帳」の舞台・安宅の関があり、團十郎さんが子供に歌舞伎を指南した場所でもある。海老蔵は縁の地からのスタートに「父が喜ぶだろうな」と感慨深げな表情を見せた。

 上演する人気狂言「弁天娘女男白浪」の弁天小僧菊之助役は5年ぶり。「若い時に今の音羽屋、七代目尾上菊五郎のおじさまにやりたいのでと話して直に教えていただいた、市川家の芸以外で思い入れのある演目」だ。

 「浜松屋見世先の場」で、娘に化けた弁天小僧が男の正体を現す際の名ぜりふ「知らざあ言って聞かせやしょう」を自宅で練習していると、勸玄もまねをすると告白。

 そうして引き継がれる芸に目を細める一方、「彼が大人になったときに同じ環境で歌舞伎ができるかという問題が重要。彼が40歳のときに今の環境があるかといったら7対3くらいで変わるわけだから。彼がどう感じ、僕がどう考えるかだと思う」と親として、師匠として未来に思いをはせた。

 弁天小僧ら5人が名乗りをあげる名場面「稲瀬川勢揃いの場」については「(全員に光をあてることで)格差のない世界が表現できる」と説明。男性が相続していく世襲制の歌舞伎を、ぼたんが「やりたい」と言っていることにも触れ「舞踊家としてぼたんを襲名させたのは、2人をある程度平等に育てたい」ためと親心をのぞかせた。

 コロナ禍で昨年5月に予定されていた歌舞伎界の大名跡、團十郎の十三代目襲名が延期になったが、4カ月後には全国12カ所で同巡業公演を実施。コロナ感染予防対策を徹底し、観客を含め感染者を出さずに終えた。

 当時を「皆の生活がかかっていて座頭としての責任がある公演だった」と振り返り、「得たものは絆、仲間意識、助け合う気持ち。感染者を出さなかったから信頼も得たと思う」と分析。今公演も「緊張感を持ち続けなければ」と再びの“完走”を誓った。

★「古風な劇場」26~29日八千代座でも 

 巡業公演後の3月26~29日に熊本・八千代座で行う「特別公演」でも「弁天娘女男白浪」を上演。ぼたんと勸玄も出演する。1910年に建設された同劇場は、88年に国指定重要文化財に指定。四角に区切られた升席や天井広告など風情がそのまま残り、2014年にはぼたんが初お目見えした縁の地だ。海老蔵は「昔の歌舞伎俳優はこういう空気の中でやっていた。お客さまのざわざわ感もリアル。子供たちに古風な劇場空間でオヤジがやっている弁天小僧を見る体験をしてもらいたい」と話した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×