記事詳細

せんだみつお、お笑いイベントでトリ。震災慰問の“爆笑秘話”を披露

更新
サンケイスポーツ

イベント終了後、余力十分に往年のギャグ「ナハ、ナハ」を披露したせんだ 1/3枚  タレント、せんだみつお(73)が27日、東京・墨田区の江戸東京博物館の小ホールで行われたお笑いイベント「はたけんじの爆笑塾」に出演、スペシャルゲストとしてトリを務めた。

<< 下に続く >>

 「芸能界はパクリが大事。僕なんか人のネタをパクってばかりいるので、パク・リーと呼ばれています」「世の中、おかげさまより、諭吉さま。お金は大事ですよ」「僕が死んだら、しんだみつお。そうなる前に香典はお早めに」などと、どこまでが冗談か分からない漫談を披露。しかし、コロナ禍で半数以下の120人で“満員”の会場を一瞬、しんみりさせる一幕もあった。

 それはせんだの親戚も住む東日本大震災の被災地、福島県いわき市に震災直後、慰問に行ったときの思い出話だった。

 「仮設住宅の前で大勢の人が集まってくれて、僕はイベントの司会。最後に地元の漁業組合の人がおいしそうな冷凍サケを1匹、提供してくれた。じゃんけんで勝ち抜いた人が1人、獲得することになったんです」と話し始めた。

 「最後に残ったのが最前列の小さな男の子と、後ろの方の老婦人の2人だけ。僕が『さあ、どちらが勝つか。じゃんけん、行きますよ!』と2人に声をかけたら、老婦人が『せんださ~ん、私、いりませ~ん』と言ったその後のセリフに思わず、目頭を押さえました」と話して続けた。

 「その婦人、『私は長生きしたから、いいんです。その子にあげてください』と言うんですね。会場からは拍手が起きました。すると、それを聞いた男の子が婦人に駆け寄ると、『どうも、ありがとうございましたっ!』と大きな声でお礼を言ったんですよ。また拍手がわきました」-。

 観客の間に「ほう」と感心した声がもれたとき、せんだはすかさず「そのあと、婦人が言ったんです。『じゃあ、たけし、帰ろうか』。孫とおばあちゃんだったんですね。実話です。こういうこともあるんですね。美談が喜劇になっちゃった」と明かすと、会場はドッと笑いに包まれた。

     ◇

 ●…この日の爆笑塾は、ものまねタレント、はたけんじ(73)が主催。友人のせんだや山口君と武田君らを誘って開き、はた自身も五木ひろしや小林旭、吉幾三のものまねでそっくりの歌やしぐさを披露し、拍手喝采を浴びた。と同時に、最近の若い世代に冗談まじりの苦言も。

 はたは「ことわざや格言がなくなっていくような気がするんだよね。『人の噂も』ときたら『七十五日』でしょ。ところが、この前、ある若い人に聞いたら『人の噂も…四十九日』だって。葬式じゃないんだからね、あきれたよ。『三人寄れば』ときたら『文殊の知恵』でしょ。ところが、『三人寄れば…うるさい』だって。もう、やんなっちゃうね」と嘆いて会場を笑いに包んだ。

 会場には若い世代もチラホラ。はたは「また機会を見て開きたい」と話していた。 

写真一覧

  • お笑いイベントのトリを務めたせんだみつお。テンポのある漫談で会場を爆笑に包んだ=東京・墨田区
  • せんだの出演したお笑いイベントを主催したはたけんじ=東京・墨田区

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×