記事詳細

亀梨主演「レッドアイズ-」の主題歌にKAT-TUN新曲 ファン胸アツ「最高すぎ!」「待った甲斐あった」「エンディングまでドキドキ」

更新

KAT-TUNが3月10日にニューシングル「Roar」をリリース 1/1枚  KAT-TUNの亀梨和也(34)が主演を務め、23日にスタートする日本テレビ系「レッドアイズ 監視捜査班」(土曜後10・0)の主題歌に、同グループのニューシングル「Roar」が決定した。22日に同局などが発表した。ファンは「待ってました!最高すぎ!」「エンディングまでドキドキ」などと気持ちを高ぶらせている。

<< 下に続く >>

 「Roar」は3月22日にデビュー15周年を迎えるKAT-TUNにとって約3年ぶり、通算28枚目のシングル。亀梨や上田竜也(37)、中丸雄一(37)のソロ曲も含むなど全形態で新曲計10曲を収録しており、3月10日にリリースされる。

 同シングルは、曖昧で正解の見えない今を生きる自分自身に葛藤しながらも、目指すべき未来へと歩き出す決意を歌った、どこか儚くも力強さに満ちた楽曲。同局は「スピーディーでスリリングなレッドアイズの世界観にマッチしたメロディーや歌詞にも注目」などとアピールしており、ドラマのエンディングで地上波初披露されるという。

 この日、ツイッターでは「Roar」の公式アカウントが開設され、ファンから「公式アカウントっ!新曲本当に本当に楽しみにしてます!」「発売日が楽しみです!」「ニューシングル待ってました!最高すぎます!!」などと歓喜の声が続々と集まっている。

 ほかにも「15周年一緒に盛り上がりましょうね」「盛りだくさんで期待大です!!全形態絶対買います」「全楽曲、楽しみにしております」「新曲祭りですね」などと、ボリュームたっぷりの内容にファンは大興奮。「待った甲斐がありました」「本当に待ってました!ありったけの想いをぶつけます!」などと喜びをかみしめている。

 また、「レッドアイズ-」の公式ツイッターにも「ドラマ+主題歌。明日が待ち遠しいです!」「明日の放送が初披露なんですね。楽しみです」「ドラマで解禁なんて楽しみがさらに増えました!」「エンディングまでドキドキしっぱなし!と言うことですね」などと、胸の高鳴りを感じ取れるようなコメントが数多く寄せられている。

 同ドラマは、ネット解析や画像分析などを駆使して犯罪捜査をする実在の警察組織・SSBC(警視庁捜査支援分析センター)を初めてモデルにしたサイバークライムサスペンスだ。亀梨は、架空の組織・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官・伏見響介役。元神奈川県警捜査一課の敏腕刑事で愛する人を殺された過去があり、普段はクールだが、捜査に入ると情熱的になる、という一癖あるキャラクターを演じる。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×