記事詳細

A.B.C-Z戸塚祥太、初の本格殺陣シーンに挑み「通販で木刀を買いました」

更新
サンケイスポーツ

 A.B.C-Zの戸塚祥太(34)が22日、東京都内で行われた主演舞台「未来記の番人」(3月12~21日の東京・新橋演舞場など)の製作発表に出席した。

<< 下に続く >>

 同名小説の舞台化で、聖徳太子の予言書「未来記」を巡る青春時代活劇エンターテインメント。

 千里眼の異能を持つ忍者役で本格的な殺陣に初挑戦する戸塚は「今の肉体でいけるかと自分に問いかけて、今のままじゃいけないってなりました。通販で木刀を買いました」と秘策を告白。さらに、役の心情をダンスで表現するシーンが多く、「A.B.C-Zの中では(ダンスが)五関晃一くんにフォーカスが当たりがちだけど、こっちの戸塚もやってるぞと見ていただきたい」とアピールした。

 また、共演するジャニーズJr.の冨岡健翔(28)は、ジャニーズ事務所で2023年3月31日から適用することが発表されたJr.の22歳での“卒業制度”について、「これも時代の変化。否定的には思っていない。これからアイドルを目指して入ってくる子たちの1つの目標になるのでは。今は(グループに属さずに)1人ですけど、お仕事をいただける限り全力でやりたい」と話した。

 俳優、松田悟志(42)も出席した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×