記事詳細

「コロナ禍だからこそ癒やしに」渡辺えり「喜劇 お染与太郎珍道中」 

更新
産経新聞

「喜劇 お染与太郎珍道中」(矢島康弘撮影) 1/1枚  緊急事態宣言下、初日を迎える舞台「喜劇 お染与太郎珍道中」(2月1~17日、東京・新橋演舞場)。新型コロナウイルス感染症対策として席の間隔をあけ、全席数の半分以下で上演される。

<< 下に続く >>

 主演の渡辺えり(66)が7日の製作発表会で「生の演劇がコロナ禍だからこそ精神面を癒やす仕事として大事なんだということを再確認した。緊急事態宣言があろうといちばん安全な感染防止策を考えて、やり続けるのが大事だと思っている」と語った。

 昨年3月には、同劇場で渡辺が主演予定だった舞台「有頂天作家」が開幕直前に中止に。渡辺は「あの切なさみたいなものはずっと今もある。あのときにできなかったみんなの悔しさとか悲しさとか、そういったものを全部体の中の細胞に入れて、今回はやろうと思う」と意気込んだ。

 日本劇作家協会会長を務める渡辺は昨年5月、緊急事態宣言で休業を余儀なくされた演劇団体などを支援するため「文化芸術復興基金」の創設要望書を文化庁などに提出している。

 「喜劇 お染与太郎珍道中」は江戸の大商人の箱入り娘、お染(渡辺)と手代の与太郎(八嶋智人=やしま・のりと)の珍道中を描いた。2月21~27日は京都・南座で上演。チケットホン松竹、0570・000・489。(水沼啓子)

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×