記事詳細

野生爆弾ロッシー、「水曜日のダウンタウン」USデーモンとのツーショットにファン大喜び

更新

ロッシー 1/1枚  お笑いコンビ、野性爆弾のロッシーが21日、自身のインスタグラムを更新し、20日に放送された人気バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で“共演”した“USデーモン”とのツーショット写真をアップした。その投稿にファンから「声出してわらった」「最高でした」などの返信が相次いでいる。

<< 下に続く >>

 芸能人や有名人が「自分だけが信じる“説”」を独自の目線と切り口でプレゼンし、その説を実践したVTRをスタジオで紹介する「水ダウ」。この日は、「オフでデーモン(閣下)と名乗るおじさんに話しかけられたらどんなに怪しくても無下にはできない説」が検証され、ロッシーは番組が用意した外国人のデーモンと対面した。

 デーモンといえば、テレビなどに出演しているときが本来の姿で、オフは“世を忍ぶ仮の姿”とされているため、その姿はベールに包まれている。この日は4人の偽デーモンが登場し、都内のカフェで休んでいたロッシーは、もっともありえない“レベル4”のデーモンから声を掛けられた。

 これまでも、たびたび「水ダウ」に登場し、そのピュアな性格で番組を盛り上げてきたロッシー。この日も、片言の日本語で「ドウモゴ無沙汰シテイマス。デーモンデス。チョット今日ハ、世ヲ忍ブ仮ノ姿デスガ…」と話しかけられたが、それがドッキリだと疑う様子は一切見せず、相手を本人と信じ込み、「マジっすか!?」と感激の様子だった。さらに、自身がデーモンが所属するロックバンド「聖飢魔II」のファンであることもアピールし、「ライブとか行かせてもらったことがありまして、(メンバーの)エースさんとか、ルークさんとか、ダミアンさんとか…」と訴え、USデーモンを「イツモアリガトウゴザイマス」と喜ばせた。

 その後、ネタバラシが行われたが、「(デーモンに会えて)ビックリしました。ご本人さん見たことなかったので」とスタッフの登場にもドッキリであることに気づかず、USデーモンを「ハンサムでした」と振り返った。そのやり取りにスタジオが大爆笑となった。

 ロッシーは翌24日、インスタグラムを更新し、USデーモンとのツーショット写真を公開。「また、ミサ 行きますね!出会えて光栄です」などとつづった。この投稿にファンが大喜びし、「最高でしたー 久々、声出して笑いました」「人を疑わない心 さすがロッシーさんです 面白かったです ホッコリしました!」「幸せにしてくれてありがとう」などの返信が寄せられた。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • iza!を読む
      ×